お知らせ

  • 利用規約を守って投稿してください。また、よくある質問および投稿の手引きも参照してください。
  • メッセージの投稿にはアカウントが必要です。未登録の方は、ユーザ登録ページからアカウントを作成することができます。

#1 2022-09-16 21:52:57

mifjpn
メンバ
登録日: 2012-06-20

22.04のRDP接続での'半角/全角キー'の不安定さと、'\'と'|'キーが打てないことについて

おつかれさまです。
22.04Ltsも、ようやく22.04.1に入りとりあえずもうそろそろ、WebServer、Fileserverに適用しました。(フルインストールにて)
サーバなので、若干打ちにくいところにあり、いわゆるヘッドレスに近い運用となります。
そのため、リモートデスクトップは必須なのですが・・・
Vinoでないのです。

そこでRDPとなったのですが意外とははまりました。
〇Vncも残ってますが、なぜか、RealVNCViewserでは絶対につながりません(プロトコル上のエラーがあると出ます。デバック中かも?)
①Ubuntu側のキーチェーンのせいで、ユーザー名が変わり、パスワードも振り出しなおされてしまう。
→今のところ、パスワードをNULLにして、キーチェーンを無効にする以外にありません。
②Windows11 Proだと、標準でRDPクライアントがありますが、ネットアカウントだと、名前以下にメールフォームが付きます。(UBUNTU側で設定しなおさないといけません)
③*****.localなどの、指定ではつながりません(Windows11のRDPのせい?)IPが生でいります。
④ブランクスクリーン時に接続できません。(仕方ないので、xscreensaverにしておきました。)

とまあ、ちょっと厄介だったんですが。2つだけ問題が残っています。
ご存じの方がいましたら、教えてください。
①'全角/半角'キーが不安定
 一応効くのですが、IBUSのあとAが交互にフラッシュして出てきます。何度か平文を打てば収まりますが、ちょっと挙動不審です。
②'\'と'|'のキーが効かない、2,3のRDPソフトでも試したのですが、'\'キーと'|'キーが打てません。
(パイプが使えないのですごく困りますよね( TДT) )
仕方がないので、苦肉の策で、日本を変換に'\'キーと'|'キーを入れて使っています。
これはとてもつらいです。

よろしくお願いします。

オフライン

 

Board footer

Powered by FluxBB