お知らせ

  • 利用規約を守って投稿してください。また、よくある質問および投稿の手引きも参照してください。
  • メッセージの投稿にはアカウントが必要です。未登録の方は、ユーザ登録ページからアカウントを作成することができます。

#1 2007-06-01 13:12:23

anoir
モデレータ
From: Berkeley, CA
登録日: 2007-01-13

ソフトウェア探しについての議論

どこからにぶら下げるよりも新しくトピックを立てたほうが良さそうなのでここで意見をつのります。

現在、「初心者サポート」内でのソフトウェア探しに対する対処は:

- デスクトップ向けソフトウェアガイド (スティッキー):おすすめソフトウェアを列挙。基本的に質問はしない。
- 個別トピック:個別ソフトウェアは専用トピックを立てる(e.g. 年賀状ソフトはありませんか?)。

「こんなソフトウェアがほしい」といったトピックをスティッキーにしてしまうという案もありますがどう思いますか?個人的には「Aはありませんか?」と「Bはありませんか?」という二つの話題には通常、共通点がないのでトピックも別々にすべきかなと思っています。

ガイドに質問をするのが絶えないことについては、質問をする際のtipsをスティックしておくといいのではと考えます。ルールまでいかないようなこと、具体的には質問するときにこういうことをするとよいといったこと(e.g. まずUbuntuのヴァージョンを書きましょう)をまとめて書いておけばいいでしょう。

あとWineの動作リストへの要望があります。基本的な考えとしてWindowsのソフトでLinuxで代替できないようなソフトはほとんどなく探せば見付かる、ということがあるのですがどう思いますか?またWineの動作リストであれば配布元に充実したデータベースがあるので直接そちらを参照し、動作した場合もそちらに貢献するというのが望ましいかなと思います。

http://appdb.winehq.org/

以上、ご意見をお願いします。

オフライン

 

#2 2007-06-01 13:56:36

gmax
メンバ
From: 兵庫県
登録日: 2006-10-24

Re: ソフトウェア探しについての議論

ソフトウェア探しのトピックについてですが、すこし考えました。
が、どうも現状のフォーラムのシステムの枠組で考えるとAd-Hocになってしまいそうな気がします。

ソフト探しのトピックも乱立すると埋没しがちなのではないかと思います。
というのも、既存の質問や回答に対するフォーラムの検索機能が十分使われていないような気がするからです。

質問者群と回答者群の好ましいエコサイクル(ある人の質問とその解決のプロセス自体が、同様な質問を持った別な人に有益となる、など)の構築にはFAQの整備、検索機能利用促進が重要だと思います。

類似質問があとを経たないのは、質問者があまりに自分の問題だけに目を奪われてしまい、周囲が見えなくなっている状態もあるのだろうという事を、私は理解しているつもりです。が、あまりに類似の質問のトピックが出てきたり、あるいは説明不十分なまま、次第に苛立ちを交えたやりとりが続くようになれば誰に依らずモチベーションも下がるでしょう。回答者と質問者のバランスをはかる必要もあると思います。回答作業が疲弊するだけのものであれば、回答者は増えませんので(私は疲弊するだけの事とは思ってはいませんが、当然限界はあります:P)。

効率よく知識のエコサイクルを行うために、

- 検索機能へのリンクをもっと目立たせる
- 質問に関するガイドラインをスティッキーとしてこれも目立たせる
- その他良くつかうフォーラム機能(BBCodeの文法など)も説明ページがあればそちらに容易に誘導されるように

といった対応をまず実施した方がいいかと思います。

# ここで使われているpunBBの機能が今のフォーラムの実態にあわなくなっているのではないか、
# という意見もあるとは思いますがその議論は保留しておきます。

それから、Wineの動作確認リストの件、参加される方が自主的に運用されるのであればそれでいいとは思います。

原則としては別にubuntuのフォーラムである必要はありませんよね。他の情報サイトや上流に集約すればそれでいいとは思います。また、フリーソフトの一般的な質問やパッケージ非提供のソフトに関するものも散見されていますが、これらをubuntuのコミュニティで抱えこむ必要もないとは思いますが、禁ずる必要も無いかもしれません。

質問を提出して、関心を持った誰かが答えればラッキー、答えなければそれは仕方ないというドライな形で望んでもらえればそれでいいのではないかと思います。ただ、誰も答えないからといってそのことだけでフォーラムやその参加者を批判することだけは禁じておくべきでしょう。ここにいる人達は皆ボランティアなのですから。

最後の編集者: gmax (2007-06-01 14:02:43)

オフライン

 

#3 2007-06-06 00:42:07

spthide
メンバ
From: 広島呉
登録日: 2007-04-09

Re: ソフトウェア探しについての議論

「初心者サポート」内でのソフトウェア探しに対する対処は、「こんなソフトが欲しい!知りませんか?」トピックがありますが、単一トピックは使いづらいです。
年賀状の話をしている途中にグラフのソフトの話は出しにくいので、個別トピックを立てる方がうれしいです。
そうするとトピックが増大しますので、初心者フォーラムからは分離した方が良いかと。

基本的な考えとしてWindowsのソフトでLinuxで代替できないようなソフトはほとんどなく探せば見付かる、ということがあるのですがどう思いますか?

「探せば見付かる」は正しいのですが、初心者にとって「探す」ことに高いハードルがあります。どうやって探せば良いかがわからないので、「デスクトップ向けソフトウェアガイド」が必要と思われます。

また、Linuxを使い慣れている人にとっての「使い易いソフト」と、Windowsを使い慣れている人にとっての「使い易いソフト」は意味が違います。
私は、Ubuntuへ移行するために「WindowsユーザのためのLinuxソフト対応表」というのを作っています。WindowsからLinuxに移行した(しようとしている)人を対象にアンケートを実施したのですが(有効回答人数38人という小人数ですが (^^;;)、結果は想像以上にかなりイビツなもので、Windows文化になれた方が使い易いと感じるソフトは、Linuxで評判の良いソフトとは異なっています。

現在の「ソフトウェアガイド」は、Linuxを使い慣れている人にとっての「使い易いソフト」ですよね?
個人的には、UbuntuにWindowsの文化を持ち込む必要は無いと思っています。


またWineの動作リストであれば配布元に充実したデータベースがあるので直接そちらを参照し、動作した場合もそちらに貢献するというのが望ましいかなと思います。

おのおののソフトの動作については、それで構いませんが、Ubuntu独自の設定(例えば 0.9.33を使った場合の設定方法)までは、このフォーラムに書いておくべきでは?と思います。

そうなると、gmaxさんの「検索機能の強調(強化)」が一番効くとおもいます。
更なる希望としては、トピックが一段落した時点でFAQというか「解決までのガイドライン」をスティッキーにしていただければ、探しやすいです。

とりとめの無い話になってしまいましたが、意見は多い方が良いかと・・

オフライン

 

#4 2007-06-15 14:11:30

youre
メンバ
登録日: 2006-11-07

Re: ソフトウェア探しについての議論

"Ubuntu Tips"の wikiページがあるのですから,そちらも活用してもらいたいです.
ただ,サイトデザインが変わってまい,wikiページへはコミュニティトップからしか
行けなくなっているので,初心者が "初心者サポート" のあるフォーラムへ
直接質問をする機会が増えているのだと思います.

ルールを掲示するのもいいかも知れませんが,
分かり易い "案内板" があれば,初心者もそれに従ってくれると思います.

1.定型の操作手順は, Wikiの "Ubuntu Tips" へ,

2.よく質問が繰り返される疑問は, "FAQ" へ,
(これは直接リンクが見付からないのですけれど…どこにあるんでしょうか?)

3.どちらにも無い事は,"フォーラム内検索" へ,
(検索の使い方が,慣れないとわかり難いと思います.
わたしは知らずにGoogleでサイト内検索を行っていました.)

4.どうしても見付からないなら,フォーラムへ新規スレッドを…

という"情報を探す流れ"を作りやすい構成に,サイトを整備することが
情報のまとまりを良くして,初心者が混乱しない状態を作ってくれるのではないでしょうか.

フォーラムのスレッドの扱いも,
問題解決してクローズしたスレッドは,編集・追記出来ない形で参照のみの
保管フォーラムとして別にして置くと,過去情報と現在進行形の問題とを
切り分けし,見易く出来るのでは無いでしょうか.

たしか,旧Niftyのフォーラム群も同様に運用されていたと思います.
長い年月を経て形成されたシステムなので参考に値すると思います.

もう1点, "初心者サポート" と名打っているからには,なんでもありと考えて対応すべきだとわたしは思います.
Linux発生時の初期には,初心者サポートを手厚くすることで,ドキュメントの整備をしていっていたと記憶しています.

英語ドキュメントの日本語化や,アプリケーションのマニュアルの整備だけで無く,
初心者がどう感じて,どうつまづくのかを初心者から学べば,初心者の読んで判る手引きが書けるのではないか
と思います.

2ちゃんねるというところには独特のルールがあって,それなりに機能していますが,ここで同じ方法を取る必要は
無いと思います.
むしろLinuxが,FreeBSDやSolarisやWindowsのフォーラムとは違った価値観と方法で,勝ち取って来た多くの
ユーザー支持を無くさない努力がここでも必要だと思います.

オフライン

 

Board footer

Powered by FluxBB