お知らせ

  • 利用規約を守って投稿してください。また、よくある質問および投稿の手引きも参照してください。
  • メッセージの投稿にはアカウントが必要です。未登録の方は、ユーザ登録ページからアカウントを作成することができます。

#1 2009-05-09 23:41:07

KYO
メンバ
登録日: 2009-05-09

済)ブートUSB 設定保存について

初めまして。初投稿です。


下記のURLの手順に沿って9.04のブートUSBを作成したのですが、
データ保存領域を確保しているのに設定が保存されません。

https://wiki.ubuntulinux.jp/UbuntuTips/UsbInstall/CreateUSBStartupDisk


USB:I-O DATA  TB-BH2  16GB
パーティション1:FAT32 10.00GB
パーティション2:FAT32 4.93GB

パーティション2にインストールし、空いた4.2GBをデータ保存領域にしました。


5回ほどパソコンを変えたりしながら試したのですがダメでした。
どなたかご教授お願いします。

最後の編集者: KYO (2009-05-12 23:12:15)

オフライン

 

#2 2009-05-10 17:30:43

marin
メンバ
登録日: 2007-02-13

Re: 済)ブートUSB 設定保存について

KYOさん

 私と同じような現象だと思います。
 多分casper-rwが作成されていないと思います。Live-CDで起動してパーティション2に
casper-rwというファイルがあるかどうか確認をして下さい。それとFat32ですからサイズは
4GB以下がいいと思います。

 以下を参考にしてみて下さい。

 https://forums.ubuntulinux.jp/viewtopic.php?id=4673 の#6

 現象が同じだったらいいんですが。以上です。

オフライン

 

#3 2009-05-10 19:01:13

KYO
メンバ
登録日: 2009-05-09

Re: 済)ブートUSB 設定保存について

marinさん 返信ありがとうございます。

自分で調べてるときにmarinさんのレスを見て、
「これかな?」とは思ったんですがコマンドの意味がわからなくて飛ばしてしまいました(^_^;


調べてみましたが、casper-rwはありませんでした。
リンク先のコマンドを試してみたのですが、変化が全く感じられません。
よろしければもう少し詳しく説明していただけませんか?

最後の編集者: KYO (2009-05-10 20:07:20)

オフライン

 

#4 2009-05-10 20:57:45

marin
メンバ
登録日: 2007-02-13

Re: 済)ブートUSB 設定保存について

KYOさん

 私の場合はHDDにインストールしたUbuntu8.04上で作成したような
気がしてるんですが、多分live-CDから起動しているUbuntu上でも作成可能と
思います。方法は

 1 Ubuntuを起動する
 2 USBメモリーを接続する(すでに9.04をインストールしたもの)
 3 端末を起動して以下のコマンドを実行する

   dd if=/dev/zero of=casper-rw bs=1M count=3096 (count=の値は4GB以下に。)
   mkfs.ext3 -F casper-rw

 4 ホーム上にcasper-rwが作成されるので、ファイルの容量を確認する。
   count=1024で作成したら約1GBのcasper-rwが作成される。
 5 そのcasper-rwを先に接続したUSBメモリーのパーティション2にコピーする
 6 PCをUSBから起動して、なにか設定を変更して、さらに再起動し、変更分が
   反映されているか確認して下さい。

以上です。

オフライン

 

#5 2009-05-10 21:11:09

KYO
メンバ
登録日: 2009-05-09

Re: 済)ブートUSB 設定保存について

早速やってみました。
結論から行くと、live-CDでは容量が足りず450MB程のcasper-rwしか作れませんでした。
USBに直接作成することってできませんか?

最後の編集者: KYO (2009-05-10 21:16:51)

オフライン

 

#6 2009-05-10 21:23:21

marin
メンバ
登録日: 2007-02-13

Re: 済)ブートUSB 設定保存について

KYOさん

 大きいcasper-rwはlive-CD上では無理なようですね。申し訳ないです。
USBに直接書き込むことはしたことがありませんのでわかりません。

オフライン

 

#7 2009-05-10 21:29:37

KYO
メンバ
登録日: 2009-05-09

Re: 済)ブートUSB 設定保存について

空のDVDが見つかったので、これからlive-DVDを作って試してみます(^^)

marinさん 
詳しい説明ありがとうございました。また機会があればよろしくお願いします。

オフライン

 

#8 2009-05-12 23:11:03

KYO
メンバ
登録日: 2009-05-09

Re: 済)ブートUSB 設定保存について

遅くなりましたが結果報告しときます。
一応ブートUSBは完成しました。

ただlive-DVDを作って試してみたのですが、
なぜかlive-CDと同じ容量のcasper-rwしかできず、
結局HDDに直接インストールしてmarinさんと同じ方法で作りました。


これから作る人はよかったら参考にしてください。
以上です。

marinさん ありがとうございました。

オフライン

 

#9 2009-05-27 17:52:30

hiroppy
メンバ
From: 東京
登録日: 2009-03-09

Re: 済)ブートUSB 設定保存について

casper-rwの作り方がうまくいかないんですが、どうしたらいいんでしょうか?
hiroppy@hiroppy-laptop:~$ dd if=/dev/zero of=casper-rw bs=1M count=3000 mkfs.ext3 -F casper-rw
dd: invalid option -- 'F'
詳しくは `dd --help' を実行して下さい.
hiroppy@hiroppy-laptop:~$ dd --help
Usage: dd [OPERAND]...
  or:  dd OPTION
Copy a file, converting and formatting according to the operands.

  bs=BYTES        force ibs=BYTES and obs=BYTES
  cbs=BYTES       convert BYTES bytes at a time
  conv=CONVS      convert the file as per the comma separated symbol list
  count=BLOCKS    copy only BLOCKS input blocks
  ibs=BYTES       read BYTES bytes at a time
  if=FILE         read from FILE instead of stdin
  iflag=FLAGS     read as per the comma separated symbol list
  obs=BYTES       write BYTES bytes at a time
  of=FILE         write to FILE instead of stdout
  oflag=FLAGS     write as per the comma separated symbol list
  seek=BLOCKS     skip BLOCKS obs-sized blocks at start of output
  skip=BLOCKS     skip BLOCKS ibs-sized blocks at start of input
  status=noxfer   suppress transfer statistics

BLOCKS and BYTES may be followed by the following multiplicative suffixes:
xM M, c 1, w 2, b 512, kB 1000, K 1024, MB 1000*1000, M 1024*1024,
GB 1000*1000*1000, G 1024*1024*1024, and so on for T, P, E, Z, Y.

Each CONV symbol may be:

  ascii     from EBCDIC to ASCII
  ebcdic    from ASCII to EBCDIC
  ibm       from ASCII to alternate EBCDIC
  block     pad newline-terminated records with spaces to cbs-size
  unblock   replace trailing spaces in cbs-size records with newline
  lcase     change upper case to lower case
  nocreat   do not create the output file
  excl      fail if the output file already exists
  notrunc   do not truncate the output file
  ucase     change lower case to upper case
  swab      swap every pair of input bytes
  noerror   continue after read errors
  sync      pad every input block with NULs to ibs-size; when used
            with block or unblock, pad with spaces rather than NULs
  fdatasync  physically write output file data before finishing
  fsync     likewise, but also write metadata

Each FLAG symbol may be:

  append    append mode (makes sense only for output; conv=notrunc suggested)
  direct    use direct I/O for data
  directory fail unless a directory
  dsync     use synchronized I/O for data
  sync      likewise, but also for metadata
  nonblock  use non-blocking I/O
  noatime   do not update access time
  noctty    do not assign controlling terminal from file
  nofollow  do not follow symlinks

Sending a USR1 signal to a running `dd' process makes it
print I/O statistics to standard error and then resume copying.

  $ dd if=/dev/zero of=/dev/null& pid=$!
  $ kill -USR1 $pid; sleep 1; kill $pid
  18335302+0 records in
  18335302+0 records out
  9387674624 bytes (9.4 GB) copied, 34.6279 seconds, 271 MB/s

Options are:

      --help     この使い方を表示して終了
      --version  バージョン情報を表示して終了

バグを発見したら <bug-coreutils@gnu.org> 宛に報告して下さい.


宜しくお願いします。

オフライン

 

#10 2010-04-14 18:31:52

Larry
ゲスト

Re: 済)ブートUSB 設定保存について

KYOさん

僕の環境でも同じことが起きましたが、
dd if=/dev/zero of=/media/disk-1/casper-rw bs=1M count=4000
のように、直接目的のドライブに作成したら、巨大なファイルが作れましたので、参考までに報告させていただきます。

 

Board footer

Powered by FluxBB