お知らせ

  • 利用規約を守って投稿してください。また、よくある質問および投稿の手引きも参照してください。
  • メッセージの投稿にはアカウントが必要です。未登録の方は、ユーザ登録ページからアカウントを作成することができます。

#1 2007-03-16 19:27:34

turoturo
メンバ
登録日: 2006-11-14

FC6とUbuntu6.10とのデュアル

「東芝 DynaBook Satellitc 1850SA 120c/4 (20G)」にFC6とUbuntu6.10とのデュアルをしたくて、先にFC6次にUbuntuをインストールしましたが、起動時のGURB画面にFC6らしきものが出す、ubuntuしか起動しません。

fdisk -lの結果は

Disk /dev/hda: 20.0 GB, 20003880960 bytes
255 heads, 63 sectors/track, 2432 cylinders
Units = シリンダ数 of 16065 * 512 = 8225280 bytes

デバイス Boot      Start         End      Blocks   Id  System
/dev/hda1   *           1          19      152586   83  Linux
/dev/hda2              20        1039     8193150   83  Linux
/dev/hda3            1040        1115      610470   82  Linux swap / Solaris
/dev/hda4            1116        2432    10578802+   5  拡張領域
/dev/hda5            1116        1179      514048+  82  Linux swap / Solaris
/dev/hda6            1180        2432    10064691   83  Linux

「/dev/hda2」にFC6がインストールされてるはずなのですが、起動させる方法はないでしょうか?

オフライン

 

#2 2007-03-16 20:05:20

RxOrca
メンバ
登録日: 2007-03-02

Re: FC6とUbuntu6.10とのデュアル

grubを Ubuntu側のに置き換えてしまったっぽいので, menu.lstの編集が必要かもです。
/dev/hda1 の Bootに印が付いてるので, FC6の grubはそこに入ってるのかも。

まず /dev/hda1 を mountしてみて, grub/menu.lst みたいなファイルを探し出します。
んで, "title" から次の "title" までの項目を選んで, 現在の menu.lstに加えるとよいです。
(ひとつでも複数でも可)



もしも FC6側の grubを復活させたいばーいは, も少し手順が必要なのと 少々デンジャラスなので, 気を付けて。
menu.lstの編集は上記と同じ感じで, FC6側に Ubuntuのそれを追加するです。
んで 次に, sudo grubで起動してみて

コード:

find /boot/grub/stage1
find /grub/stage1

みたいなコマンドで内容を確認するです。
例えば (hd0,0) にソレが存在するのなら, ブートローダーをこんな感じで書き換えるとよいかも。

コード:

root (hd0,0)
setup (hd0)

(もしかすると rootの指定は必要ないのかもだけど ・・・)
間違えると, Ubuntuさえ起動しなくなるです (プロンプトから入力して起動する手段も残されてるけど)

オフライン

 

#3 2007-03-16 21:15:35

turoturo
メンバ
登録日: 2006-11-14

Re: FC6とUbuntu6.10とのデュアル

RxOrcaさん ありがとうございます。


「ファイル /media/hda1/grub/menu.lst を開けませんでした。
権限がありません。」

と、メッセージが出てubuntu側から私には開くことができませんでした。

ubuntuの「gksudo gedit /boot/grub/menu.lst」は下記です。これに何かを書き加えるだけではダメなのでしょうか?
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

# menu.lst - See: grub(8), info grub, update-grub(8)
#            grub-install(8), grub-floppy(8),
#            grub-md5-crypt, /usr/share/doc/grub
#            and /usr/share/doc/grub-doc/.

## default num
# Set the default entry to the entry number NUM. Numbering starts from 0, and
# the entry number 0 is the default if the command is not used.
#
# You can specify 'saved' instead of a number. In this case, the default entry
# is the entry saved with the command 'savedefault'.
# WARNING: If you are using dmraid do not change this entry to 'saved' or your
# array will desync and will not let you boot your system.
default        0

## timeout sec
# Set a timeout, in SEC seconds, before automatically booting the default entry
# (normally the first entry defined).
timeout        10

## hiddenmenu
# Hides the menu by default (press ESC to see the menu)
#hiddenmenu

# Pretty colours
#color cyan/blue white/blue

## password ['--md5'] passwd
# If used in the first section of a menu file, disable all interactive editing
# control (menu entry editor and command-line)  and entries protected by the
# command 'lock'
# e.g. password topsecret
#      password --md5 $1$gLhU0/$aW78kHK1QfV3P2b2znUoe/
# password topsecret

#
# examples
#
# title        Windows 95/98/NT/2000
# root        (hd0,0)
# makeactive
# chainloader    +1
#
# title        Linux
# root        (hd0,1)
# kernel    /vmlinuz root=/dev/hda2 ro
#

#
# Put static boot stanzas before and/or after AUTOMAGIC KERNEL LIST

### BEGIN AUTOMAGIC KERNELS LIST
## lines between the AUTOMAGIC KERNELS LIST markers will be modified
## by the debian update-grub script except for the default options below

## DO NOT UNCOMMENT THEM, Just edit them to your needs

## ## Start Default Options ##
## default kernel options
## default kernel options for automagic boot options
## If you want special options for specific kernels use kopt_x_y_z
## where x.y.z is kernel version. Minor versions can be omitted.
## e.g. kopt=root=/dev/hda1 ro
##      kopt_2_6_8=root=/dev/hdc1 ro
##      kopt_2_6_8_2_686=root=/dev/hdc2 ro
# kopt=root=UUID=61657519-6c70-422b-a481-a21af956cc32 ro
# kopt_2_6=root=/dev/hda6 ro

## default grub root device
## e.g. groot=(hd0,0)
# groot=(hd0,5)

## should update-grub create alternative automagic boot options
## e.g. alternative=true
##      alternative=false
# alternative=true

## should update-grub lock alternative automagic boot options
## e.g. lockalternative=true
##      lockalternative=false
# lockalternative=false

## additional options to use with the default boot option, but not with the
## alternatives
## e.g. defoptions=vga=791 resume=/dev/hda5
# defoptions=quiet splash locale=ja_JP

## should update-grub lock old automagic boot options
## e.g. lockold=false
##      lockold=true
# lockold=false

## altoption boot targets option
## multiple altoptions lines are allowed
## e.g. altoptions=(extra menu suffix) extra boot options
##      altoptions=(recovery) single
# altoptions=(recovery mode) single

## controls how many kernels should be put into the menu.lst
## only counts the first occurence of a kernel, not the
## alternative kernel options
## e.g. howmany=all
##      howmany=7
# howmany=all

## should update-grub create memtest86 boot option
## e.g. memtest86=true
##      memtest86=false
# memtest86=true

## should update-grub adjust the value of the default booted system
## can be true or false
# updatedefaultentry=false

## ## End Default Options ##

title        Ubuntu, kernel 2.6.17-11-generic
root        (hd0,5)
kernel        /boot/vmlinuz-2.6.17-11-generic root=/dev/hda6 ro quiet splash locale=ja_JP
initrd        /boot/initrd.img-2.6.17-11-generic
quiet
savedefault
boot

title        Ubuntu, kernel 2.6.17-11-generic (recovery mode)
root        (hd0,5)
kernel        /boot/vmlinuz-2.6.17-11-generic root=/dev/hda6 ro single
initrd        /boot/initrd.img-2.6.17-11-generic
boot

title        Ubuntu, kernel 2.6.17-10-generic
root        (hd0,5)
kernel        /boot/vmlinuz-2.6.17-10-generic root=/dev/hda6 ro quiet splash locale=ja_JP
initrd        /boot/initrd.img-2.6.17-10-generic
quiet
savedefault
boot

title        Ubuntu, kernel 2.6.17-10-generic (recovery mode)
root        (hd0,5)
kernel        /boot/vmlinuz-2.6.17-10-generic root=/dev/hda6 ro single
initrd        /boot/initrd.img-2.6.17-10-generic
boot

title        Ubuntu, memtest86+
root        (hd0,5)
kernel        /boot/memtest86+.bin
quiet
boot

### END DEBIAN AUTOMAGIC KERNELS LIST

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

最後の編集者: turoturo (2007-03-16 21:17:10)

オフライン

 

#4 2007-03-16 21:55:16

RxOrca
メンバ
登録日: 2007-03-02

Re: FC6とUbuntu6.10とのデュアル

turoturo による投稿:

「ファイル /media/hda1/grub/menu.lst を開けませんでした。
権限がありません。」

と、メッセージが出てubuntu側から私には開くことができませんでした。

ubuntuの「gksudo gedit /boot/grub/menu.lst」は下記です。これに何かを書き加えるだけではダメなのでしょうか?

そーです。FC6の項目を書き加えるだけです。 (・・・ 2つのうち簡単な方は)
でも, このリストにある Ubuntuの項目でさえ, vmlinuz-2.6.17-11-genericとか vmlinuz-2.6.17-10-genericとかあるし, その後ろにオプションも指定されてたりする訳で, FC6のそれは見ないと分からないカモです。

んで, 権限がないのなら sudo cat /media/hda1/grub/menu.lst みたいな感じで見ることできるです。

オフライン

 

#5 2007-03-16 22:47:23

turoturo
メンバ
登録日: 2006-11-14

Re: FC6とUbuntu6.10とのデュアル

RxOrcaさん ありがとうございました。

「sudo cat /media/hda1/grub/menu.lst」

で、見ることができ、title 以下を貼りつけ再起動したら無事FC6を起動することができました。本当にお世話になりました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Password:
# grub.conf generated by anaconda
#
# Note that you do not have to rerun grub after making changes to this file
# NOTICE:  You have a /boot partition.  This means that
#          all kernel and initrd paths are relative to /boot/, eg.
#          root (hd0,0)
#          kernel /vmlinuz-version ro root=/dev/hda2
#          initrd /initrd-version.img
#boot=/dev/hda
default=0
timeout=5
splashimage=(hd0,0)/grub/splash.xpm.gz
hiddenmenu
title Fedora Core (2.6.18-1.2798.fc6)
        root (hd0,0)
        kernel /vmlinuz-2.6.18-1.2798.fc6 ro root=LABEL=/ rhgb quiet
        initrd /initrd-2.6.18-1.2798.fc6.img

オフライン

 

#6 2007-03-16 23:02:36

marin
メンバ
登録日: 2007-02-13

Re: FC6とUbuntu6.10とのデュアル

MBRはそのままでいいなら、Ubuntuを起動して、

  sudo grub

  grub> find /grub/stage2  ※/bootと/が別パーティションになっているため
      (hd0.0)
  grub> root (hd0.0)

  grub> setup (hd0.0)

これで、hda1のブートセクタにgrub(のstage1)がインストールされると思います。
それから、Ubuntuのmenu.lstに以下を追加、保存

  title       Fedora core 6

  root       (hd0.0)

  chainloader +1

再起動でUbuntuの選択画面がでると思います。
MBRをFC6のGRUBに入れ換えるなら、RxOrcaさんの方法で。

オフライン

 

Board footer

Powered by FluxBB