お知らせ

  • 利用規約を守って投稿してください。また、よくある質問および投稿の手引きも参照してください。
  • メッセージの投稿にはアカウントが必要です。未登録の方は、ユーザ登録ページからアカウントを作成することができます。

#1 2009-01-06 00:13:17

gandexi-yuta
メンバ
登録日: 2009-01-03

utf8対応のptexをインストールするには?

はじめまして。
学校でlinuxの勉強をしているので自宅でも勉強したいなと思いUbuntuをダウンロードしました。
パソコンにはあまり詳しくありません。

そこで学校で使っているtex環境を家のパソコンでも作りたいと思い、以下アドレスを参照しながらやってみたのですが、(学校では~$ platex-utf8というコマンドを使っています。)

http://tutimura.ath.cx/~nob/tex/ptetex/ptetex3/0README

途中のファイル展開の

$ less my_option.sample(カスタマイズ)

とmy_option.sampleをカスタマイズするというところで、参照しながらmy_optionを作ってみて、~$makeしてみようとするのですが、どうしても以下のようにエラーが出てしまいます。

yuta@ubuntu:~/ptetex3/ptetex3-20080616$ make
`which bash` ./9realloc.sh distclean
------------------------------------------------------------------------
[reading]    ./my_option
+++ MAKE=gmake
+++ MD5=md5sum
+++ MD5=gmd5sum
+++ MD5='digest -a md5'
++ MY_OPTION=yes
++ test '' = yes
++ read_my_option ../my_option
++ test -f ../my_option
++ echo '[reading]    ../my_option'
[reading]    ../my_option
++ . ../my_option
+++ conf_option --with-system-zlib
+++ CONF_OPTION=' --with-system-zlib --with-system-pnglib --with-system-gd --with-system-ncurses --with-system-t1lib --without-dviljk --without-info --without-texi2html --without-texinfo --enable-kanji-iconv --with-xdvi-x-toolkit=motif --without-x --without-texinfo --with-system-zlib'
+++ conf_option --with-system-pnglib
+++ CONF_OPTION=' --with-system-zlib --with-system-pnglib --with-system-gd --with-system-ncurses --with-system-t1lib --without-dviljk --without-info --without-texi2html --without-texinfo --enable-kanji-iconv --with-xdvi-x-toolkit=motif --without-x --without-texinfo --with-system-zlib --with-system-pnglib'
+++ conf_option --with-system-gd
+++ CONF_OPTION=' --with-system-zlib --with-system-pnglib --with-system-gd --with-system-ncurses --with-system-t1lib --without-dviljk --without-info --without-texi2html --without-texinfo --enable-kanji-iconv --with-xdvi-x-toolkit=motif --without-x --without-texinfo --with-system-zlib --with-system-pnglib --with-system-gd'
+++ conf_option --with-system-ncurses
+++ CONF_OPTION=' --with-system-zlib --with-system-pnglib --with-system-gd --with-system-ncurses --with-system-t1lib --without-dviljk --without-info --without-texi2html --without-texinfo --enable-kanji-iconv --with-xdvi-x-toolkit=motif --without-x --without-texinfo --with-system-zlib --with-system-pnglib --with-system-gd --with-system-ncurses'
+++ conf_option --with-system-t1lib
+++ CONF_OPTION=' --with-system-zlib --with-system-pnglib --with-system-gd --with-system-ncurses --with-system-t1lib --without-dviljk --without-info --without-texi2html --without-texinfo --enable-kanji-iconv --with-xdvi-x-toolkit=motif --without-x --without-texinfo --with-system-zlib --with-system-pnglib --with-system-gd --with-system-ncurses --with-system-t1lib'
+++ conf_option --without-dviljk
+++ CONF_OPTION=' --with-system-zlib --with-system-pnglib --with-system-gd --with-system-ncurses --with-system-t1lib --without-dviljk --without-info --without-texi2html --without-texinfo --enable-kanji-iconv --with-xdvi-x-toolkit=motif --without-x --without-texinfo --with-system-zlib --with-system-pnglib --with-system-gd --with-system-ncurses --with-system-t1lib --without-dviljk'
+++ conf_option --without-info
+++ CONF_OPTION=' --with-system-zlib --with-system-pnglib --with-system-gd --with-system-ncurses --with-system-t1lib --without-dviljk --without-info --without-texi2html --without-texinfo --enable-kanji-iconv --with-xdvi-x-toolkit=motif --without-x --without-texinfo --with-system-zlib --with-system-pnglib --with-system-gd --with-system-ncurses --with-system-t1lib --without-dviljk --without-info'
+++ conf_option --without-texi2html
+++ CONF_OPTION=' --with-system-zlib --with-system-pnglib --with-system-gd --with-system-ncurses --with-system-t1lib --without-dviljk --without-info --without-texi2html --without-texinfo --enable-kanji-iconv --with-xdvi-x-toolkit=motif --without-x --without-texinfo --with-system-zlib --with-system-pnglib --with-system-gd --with-system-ncurses --with-system-t1lib --without-dviljk --without-info --without-texi2html'
+++ conf_option --without-texinfo
+++ CONF_OPTION=' --with-system-zlib --with-system-pnglib --with-system-gd --with-system-ncurses --with-system-t1lib --without-dviljk --without-info --without-texi2html --without-texinfo --enable-kanji-iconv --with-xdvi-x-toolkit=motif --without-x --without-texinfo --with-system-zlib --with-system-pnglib --with-system-gd --with-system-ncurses --with-system-t1lib --without-dviljk --without-info --without-texi2html --without-texinfo'
+++ JAPANESE=traditional
+++ KANJI_CODE=UTF8
+++ PLATEX209=no
+++ STRIP=no
+++ conf_option --enable-kanji-iconv
+++ CONF_OPTION=' --with-system-zlib --with-system-pnglib --with-system-gd --with-system-ncurses --with-system-t1lib --without-dviljk --without-info --without-texi2html --without-texinfo --enable-kanji-iconv --with-xdvi-x-toolkit=motif --without-x --without-texinfo --with-system-zlib --with-system-pnglib --with-system-gd --with-system-ncurses --with-system-t1lib --without-dviljk --without-info --without-texi2html --without-texinfo --enable-kanji-iconv'
+++ conf_option --with-xdvi-x-toolkit=motif
+++ CONF_OPTION=' --with-system-zlib --with-system-pnglib --with-system-gd --with-system-ncurses --with-system-t1lib --without-dviljk --without-info --without-texi2html --without-texinfo --enable-kanji-iconv --with-xdvi-x-toolkit=motif --without-x --without-texinfo --with-system-zlib --with-system-pnglib --with-system-gd --with-system-ncurses --with-system-t1lib --without-dviljk --without-info --without-texi2html --without-texinfo --enable-kanji-iconv --with-xdvi-x-toolkit=motif'
+++ conf_option --without-x
+++ CONF_OPTION=' --with-system-zlib --with-system-pnglib --with-system-gd --with-system-ncurses --with-system-t1lib --without-dviljk --without-info --without-texi2html --without-texinfo --enable-kanji-iconv --with-xdvi-x-toolkit=motif --without-x --without-texinfo --with-system-zlib --with-system-pnglib --with-system-gd --with-system-ncurses --with-system-t1lib --without-dviljk --without-info --without-texi2html --without-texinfo --enable-kanji-iconv --with-xdvi-x-toolkit=motif --without-x'
+++ XDVI=echo
+++ conf_option --without-texinfo
+++ CONF_OPTION=' --with-system-zlib --with-system-pnglib --with-system-gd --with-system-ncurses --with-system-t1lib --without-dviljk --without-info --without-texi2html --without-texinfo --enable-kanji-iconv --with-xdvi-x-toolkit=motif --without-x --without-texinfo --with-system-zlib --with-system-pnglib --with-system-gd --with-system-ncurses --with-system-t1lib --without-dviljk --without-info --without-texi2html --without-texinfo --enable-kanji-iconv --with-xdvi-x-toolkit=motif --without-x --without-texinfo'
+++ CPPFLAGS='-I/usr/local/include -I/usr/sfw/include -I/opt/sfw/include -I/usr/openwin/include'
+++ set -x
+++ MAKE=gmake
+++ MD5=md5sum
+++ MD5=gmd5sum
+++ MD5='digest -a md5'
++ MY_OPTION=yes
++ test '' = yes
+++ hostname
+++ sed -e 's/\..*//'
++ read_my_option ../my_option.ubuntu
++ test -f ../my_option.ubuntu
++ test -z yes
++ PATH=/var/tmp/ptetex3/bin:/usr/local/sbin:/usr/local/bin:/usr/sbin:/usr/bin:/sbin:/bin:/usr/games
++ LD_LIBRARY_PATH=/var/tmp/ptetex3/lib:
++ TMP_DATADIR=/var/tmp/ptetex3/share
++ TEXMF=/var/tmp/ptetex3/share/texmf
++ TEXMFMAIN=/var/tmp/ptetex3/share/texmf
++ export PATH LD_LIBRARY_PATH TEXMFMAIN
++ test -z ''
++ DATADIR=/usr/local/teTeX/share
++ test -z ''
++ SRC=/var/tmp/ptetex3/tetex-src-3.0
++ unset TEXINPUTS
++ unset PTEX_KANJI_ENC
++ PTEX_IN_FILTER=no
++ export PTEX_IN_FILTER
+ test -z distclean
+ '[' -n distclean ']'
+ case "$1" in
+ test -d /var/tmp/ptetex3
+ shift
+ '[' -n '' ']'
make[1]: ディレクトリ `/home/yuta/ptetex3/ptetex3-20080616' に入ります
`which bash` ./1check-archive.sh
------------------------------------------------------------------------

Personal texmf tree '/home/yuta/.texmf-var' may make unexpected effect.
Please rename.

make[1]: *** [stage1] エラー 1
make[1]: ディレクトリ `/home/yuta/ptetex3/ptetex3-20080616' から出ます

Those messages are stored in 'log-0105-0752'.

make: *** [all0] エラー 1

どなたかどこがおかしいのか分かる方がいらっしゃいましたら、ぜひ教えてください。
よろしくお願いします。

オフライン

 

#2 2009-01-06 02:24:14

einundzwanzighundertsechs
メンバ
登録日: 2008-12-28

Re: utf8対応のptexをインストールするには?

フォローです
元のスレッドは
http://forum.ubuntulinux.jp/viewtopic.php?pid=23599#p23599
です.

オフライン

 

#3 2009-01-06 02:56:09

vine_user
メンバ
From: Tokyo
登録日: 2006-11-15

Re: utf8対応のptexをインストールするには?

エラーの意味はよく分かりませんが,下記の手順でmakeが通りました。

まず,開発環境を整えます。

$ sudo aptitude install flex bison build-essential libncurses5-dev \
x11proto-print-dev libmotif-dev libxaw6-dev libxpm-dev \
libfreetype6-dev gs


続いて,下記のサイトから,ptetex3-20080616.tar.gz(ファイル1)を入手。
http://tutimura.ath.cx/~nob/tex/ptetex/ptetex3/

さらに,下記のサイトから,tetex-src-3.0.tar.gz(ファイル2)とtetex-texmf-3.0po.tar.gz(ファイル3)を入手。
http://www.nn.iij4u.or.jp/~tutimura/tex/ptetex.html#install

ptetex3というフォルダを作り,ファイル1〜ファイル3の3つのファイルを入れます。そこで,ファイル1だけを展開します(ファイル2とファイル3は展開しない)。

$ cd (ptetex3を作ったディレクトリ)/ptetex3
$ tar zxvf ptetex3-20080616.tar.gz


で,ptetex3-20080616の中にあるmy_option.samplemy_optionという名前でコピーして,geditで以下のように編集します。
(追記:若干,修正しました)

$ cp my_option.sample my_option
$ gedit my_option


ー編集内容ーー
37行目にある
#KANJI_CODE=UTF8
の先頭の#をはずす(他は一切変更しない)。

ーーーーーーー

あとは,makeするだけです。

$ make  
$ sudo make install


makeの最後の方で表示されるサンプルが一部エラーになりますが,気にしなくてもいいです。最後まで処理が進めばOK。

最後に,次のコマンドでパスを通しておきます。
$ export PATH=/usr/local/teTeX/bin:$PATH

これで,UTF8のtexファイルがplatexコマンドで変換でき,dvipdfmxでPDFも作れました。

追記:このままでは端末を閉じたときに,PATHの設定が保存されないので,~/.bashrcの最終行に下記の1行を加えておくといいでしょう。
export PATH=/usr/local/teTeX/bin:$PATH

ついでに,補足しておきますが,texファイルのコンパイルは
$ platex test.tex ←UTF8で保存したtest.texをdviファイルに変換。
$ dvipdfmx test.dvi ←できたdviファイルをPDFに変換。
というコマンドを使います。

蛇足:einundzwanzighundertsechsさんの名前って,何かと思ったら,ドイツ語だったんですね。2106?

最後の編集者: vine_user (2009-01-06 11:47:46)

オフライン

 

#4 2009-01-06 07:19:55

einundzwanzighundertsechs
メンバ
登録日: 2008-12-28

Re: utf8対応のptexをインストールするには?

gandexi-yuta による投稿:

Personal texmf tree '/home/yuta/.texmf-var' may make unexpected effect.
Please rename.

エラーは多分これで,意味は前のスレッドに書いたつもりなのですが...

追伸:vine_user さん,フォローありがとうございます.

$ sudo aptitude install flex bison build-essential libncurses5-dev \
x11proto-print-dev libmotif-dev libxaw6-dev libxpm-dev \
libfreetype6-dev gs

これは助かります.まだ Ubuntu のパッケージシステムに不慣れなのに,
もうかなりの数の ***-dev パッケージをインストールしているので,
どれが ptetex のビルドに必要だったか分からなくなっていたのです.
クリーンインストールする場合に備えてメモをとらせて頂きます.

蛇足の蛇足:ご推察の通りです.もっともこの表現だと西暦になってしまうのですけど.

最後の編集者: einundzwanzighundertsechs (2009-01-06 10:53:28)

オフライン

 

#5 2009-01-06 11:21:47

vine_user
メンバ
From: Tokyo
登録日: 2006-11-15

Re: utf8対応のptexをインストールするには?

>エラーは多分これで,意味は前のスレッドに書いたつもりなのですが...

いえ,言葉上の意味はわかるのですが,このエラーが出る原因がわからないという意味です。

オフライン

 

#6 2009-01-06 12:33:26

einundzwanzighundertsechs
メンバ
登録日: 2008-12-28

Re: utf8対応のptexをインストールするには?

インストールの途中で fmt ファイルを生成したりするため,ビルドしたばかりの tex が起動されます,
そのとき,$HOME/.texmf-var が存在すると kpathsea のサーチパスに含まれ,
ここに,cfg ファイルとかが有ればそれが優先的に読み込まれて問題を起こすことがあるのです.
ubuntu の tex とは独立に build したいのに,そうならなかったり,と言った具合です.

土村さんのビルドスクリプトでは環境を調べて問題を起こす可能性のあるディレクトリが有ったときは,
名前を変えてくれとメッセージを残し,異常終了するようになっているのです.

オフライン

 

#7 2009-01-07 02:32:11

vine_user
メンバ
From: Tokyo
登録日: 2006-11-15

Re: utf8対応のptexをインストールするには?

einundzwanzighundertsechs による投稿:

$HOME/.texmf-var が存在すると kpathsea のサーチパスに含まれ,
ここに,cfg ファイルとかが有ればそれが優先的に読み込まれて問題を起こすことがある

なるほど。詳細な説明,どうもありがとうございます。なんとなくわかりました。

P.S.jkbysさん,無事に投稿できました。どうもありがとうございました。

注釈:投稿不能な状態だったので,さきほどIRCでjkbysさんとやりとりして治してもらったんです。

オフライン

 

#8 2009-01-09 02:06:18

gandexi-yuta
メンバ
登録日: 2009-01-03

Re: utf8対応のptexをインストールするには?

すいません。インフルエンザでなかなか返信できませんでした。

> einundzwanzighundertsechsさん

ありがとうございます。ただただ感謝です。

> vine_userさん

うまく表示されました。
本当にありがとうございました。

オフライン

 

Board footer

Powered by FluxBB