お知らせ

  • 利用規約を守って投稿してください。また、よくある質問および投稿の手引きも参照してください。
  • メッセージの投稿にはアカウントが必要です。未登録の方は、ユーザ登録ページからアカウントを作成することができます。

#1 2018-11-08 12:46:37

ponta_353
メンバ
登録日: 2018-02-25

ubuntu 18.04のインストール中に新しいパーティションテーブルが作成できない

ubuntu 18.04を再インストールの時にパーティション構成で新しいパーティションテーブルを作成しようとしたところ、

以下の理由のため、デバイスSCS12(0.0.0)(sda)のパーティション番号3に何も変更を行えません
LVMボリュームグループubuntu-vg

と出てパーティションの作成ができません。何かいい方法はありますか?

オフライン

 

#2 2018-11-08 13:39:59

bayou
メンバ
登録日: 2015-01-21

Re: ubuntu 18.04のインストール中に新しいパーティションテーブルが作成できない

エラーメッセージの意味について私はよくわからないんですが、新しいパーティションを作るならインストール作業をはじめる前にGpartedを使うと楽ちんです。ubuntuのLiveDVD(またはUSB?)を入れてメイン画面が立ち上がったらMenuからSystem→Gpartedを選べると思います。使い方は簡単です。お試しになってはいかがでしょう。

オフライン

 

#3 2018-11-08 13:55:34

ponta_353
メンバ
登録日: 2018-02-25

Re: ubuntu 18.04のインストール中に新しいパーティションテーブルが作成できない

さっそくの返信ありがとうございます。私としてはノートパソコンの1TDをすべてクリーンインストールで再インストールしたいのですが、こちらのhttps://kledgeb.blogspot.com/2018/04/ub … -1804.html サイトの10番目にあるようにLVM環境でのインストールのため「ディスクを削除してUbuntuをインストール」ができません。そのため手動でパーティション構成からしなければいけないらしいのですが、このようなエラーメッセージが出てきたため先に進めない状態です。おそらく「LVMボリュームグループ」を解除すればいいのでしょうが「Gparted」を使えば解除できるのでしょうか?

オフライン

 

#4 2018-11-08 18:31:02

bayou
メンバ
登録日: 2015-01-21

Re: ubuntu 18.04のインストール中に新しいパーティションテーブルが作成できない

解除できると思います。pontaさんのお話から察するに1TBすべてを最初からやりなおされるようですから、なおさらGpartedが便利でいいと思います。いちど全部空っぽにしてパーティションを再構成されてはいかがでしょう。パーティションの基本知識については(いまググってみたのですが)https://eng-entrance.com/linux-partitionが図解付きでわかりやすいですね。作業される前にご一読されると良いかもしれません。Gpartedの使い方についても複数のブログが紹介していますので、読みやすいなぁと感じたものを読まれると良いと思います。
(ここからはご参考まで↓)
私の場合は1枚のHDDに複数のシステムを入れるので(マルチブート)Gpartedが欠かせません。パーティションは4つまでしか作れませんから、拡張パーティションを作って、その中にいくつもの論理パーティションを構成し、それぞれにシステムをインストールしています。そうすれば5つでも6つでも10個でも、デザインを変えたlinuxOSや異なるlinuxディストリビューションを入れられます。たとえば、最初に1TBすべてに拡張パーティションをつくり、次に端っこにswap。swapはメモリの2倍と何かで読んだので、メモリが4GBなら8GBというふうにやっています。次に、たとえばストレージ用のパーティション(ext4)を約500GB。これは、サポート期間が切れてlinuxを新しく入れなおすときに画像や音楽、写真、文書などのデータまで入れなおさずに済むようにするためと、データをひとまとめにして複数のOSからアクセスできるようにするためです。OS用のパーティションとストレージ用のパーティションを分けておくことでリスク回避と節約をするものです。で、最後に残りの半分、約500GBにext4フォーマットのパーティションを10〜12個ほどつくり、それぞれに好きなときにlinuxOSをインストールしています。このやり方についてはこのフォーラムにご相談して具体的にアドバイス頂きました。
(ご注意ください↓)
もしもマルチブートを構成されるようでしたら必ず、オプションの中から「その他」を選んでください。オプションの一番下にあると思います。また、マルチブートにしない場合でも、ストレージとOSは分けておいたほうが安心だと思います。

オフライン

 

#5 2018-11-08 18:43:01

bayou
メンバ
登録日: 2015-01-21

Re: ubuntu 18.04のインストール中に新しいパーティションテーブルが作成できない

<LVM環境でディスク全体を使用したインストールが失敗する>読みました。予めGpartedでパーティションを作っておけば、インストールる際に一番下の「それ以外」というオプションを選ぶと、既にpontaさんが作られたパーティション構成が表示されるはずです。そこで、パーティションを選んでインストールするということになります。

オフライン

 

#6 2018-11-08 21:16:23

ponta_353
メンバ
登録日: 2018-02-25

Re: ubuntu 18.04のインストール中に新しいパーティションテーブルが作成できない

返信ありがとうございます。GpartedでLVMを何とかできないか試してみます。色々とありがとうございました。

オフライン

 

#7 2018-11-12 10:31:01

ponta_353
メンバ
登録日: 2018-02-25

Re: ubuntu 18.04のインストール中に新しいパーティションテーブルが作成できない

たびたびありがとうございます。Gpartedを使ってみたのですが、自分はrootパーティションをLVMにしていたのでアンマウントできずubuntuをインストールディスクから起動しlvremoveと vgremove を使って削除しました。ただその後ubuntuのインストール中にGRUBのインストールの失敗が発生し対処方法を探しているところです。これはスレ違いの質問なのでもう一度投稿してみようと思います。ありがとうございました。

オフライン

 

#8 2018-11-13 05:50:02

bayou
メンバ
登録日: 2015-01-21

Re: ubuntu 18.04のインストール中に新しいパーティションテーブルが作成できない

役に立たない情報をお届けしたようで、すみません。でも、ご自身で工夫して削除されたようで良かったです。

さらにこれも役に立たない情報かもしれないのですが、boot repaire disk というものはご存知ですか?
下記のページからisoファイルをダウンロードできるようです。
https://ja.osdn.net/projects/sfnet_boot-repair-cd/
私はパーティションを指定してgrubをインストールし直すときなどに便利に使っています。1枚作っておくと便利です。

pontaさんと同様にUEFI環境でubuntuベースのChaletOSをインストールして「GRUB installation failed」となった人のブログがありました。
http://www.lab-ssk.com/how-to-fix-grub-installation-failed-error-by-boot-repair-when-installing-chaletos-in-uefi-environment
この人はChaletOSのライブ環境で端末を開いてboot repaire をインストールし、問題の解決に至ったようです。
このブログが役に立つと嬉しいのですが、いかがでしょう、ご一読いただけますか?

オフライン

 

Board footer

Powered by FluxBB