お知らせ

  • 利用規約を守って投稿してください。また、よくある質問および投稿の手引きも参照してください。
  • メッセージの投稿にはアカウントが必要です。未登録の方は、ユーザ登録ページからアカウントを作成することができます。

#1 2018-11-16 15:51:34

kobyn
新しいメンバ
登録日: 2018-11-16

CPUのクロック数を変更できない

Ubuntu18.04をインストールしたのですが、動作が遅いので
$ cat proc/cpuinfo | grep "cpu MHz"
と調べてみたところ、
cpu MHz        : 400.002
cpu MHz        : 400.001
cpu MHz        : 400.001
cpu MHz        : 400.000
と定格で動作していることがわかりました。この周波数はハードウェアの最低周波数です。
そこで、cpufreqを使ってすべてのCPUのgovernorを"powersave"から"perormance"に変更しましたが、CPUは定格のままでした。
次に行ったのは、policyの変更を行いました。試しにCPU 0の最低周波数を1000MHzに設定しましたが、変更後も周波数の変化はありませんでした。
以下が現在のcpufreq-infoを実行した結果です。

コード:

cpufrequtils 008: cpufreq-info (C) Dominik Brodowski 2004-2009
Report errors and bugs to cpufreq@vger.kernel.org, please.
analyzing CPU 0:
  driver: intel_pstate
  CPUs which run at the same hardware frequency: 0
  CPUs which need to have their frequency coordinated by software: 0
  maximum transition latency: 4294.55 ms.
  hardware limits: 400 MHz - 2.80 GHz
  available cpufreq governors: performance, powersave
  current policy: frequency should be within 1000 MHz and 2.80 GHz.
                  The governor "performance" may decide which speed to use
                  within this range.
  current CPU frequency is 400 MHz.
analyzing CPU 1:
  driver: intel_pstate
  CPUs which run at the same hardware frequency: 1
  CPUs which need to have their frequency coordinated by software: 1
  maximum transition latency: 4294.55 ms.
  hardware limits: 400 MHz - 2.80 GHz
  available cpufreq governors: performance, powersave
  current policy: frequency should be within 400 MHz and 2.80 GHz.
                  The governor "performance" may decide which speed to use
                  within this range.
  current CPU frequency is 400 MHz.
analyzing CPU 2:
  driver: intel_pstate
  CPUs which run at the same hardware frequency: 2
  CPUs which need to have their frequency coordinated by software: 2
  maximum transition latency: 4294.55 ms.
  hardware limits: 400 MHz - 2.80 GHz
  available cpufreq governors: performance, powersave
  current policy: frequency should be within 400 MHz and 2.80 GHz.
                  The governor "performance" may decide which speed to use
                  within this range.
  current CPU frequency is 400 MHz.
analyzing CPU 3:
  driver: intel_pstate
  CPUs which run at the same hardware frequency: 3
  CPUs which need to have their frequency coordinated by software: 3
  maximum transition latency: 4294.55 ms.
  hardware limits: 400 MHz - 2.80 GHz
  available cpufreq governors: performance, powersave
  current policy: frequency should be within 400 MHz and 2.80 GHz.
                  The governor "performance" may decide which speed to use
                  within this range.
  current CPU frequency is 400 MHz.

maximum transition latencyの値が4294.55msと遅いのが気になります。なにか関係があるのでしょうか?
私の能力不足のため解決できません。ご助力いただけないでしょうか。

オフライン

 

#2 2018-11-17 00:21:33

kobyn
新しいメンバ
登録日: 2018-11-16

Re: CPUのクロック数を変更できない

追加で行ったことをまとめます。
/etc/default/cpufrequtilsに以下の設定を作成しました。

ENABLE="true"
GOVERNOR="performance"
MAX_SPEED="2800MHz"
MIN_SPEED="1000MHz"

$ sudo /etc/init.d/cpufrequtils restartと実行すると、$ cpufreq-infoで確認すると、上記の設定は反映されていました。
ここで、パソコンを再起動すると、100MHz~400MHzで動作していることがわかりました。これはシャットダウンしてから起動した場合も同じです。
そのためか、ログイン画面にたどり着くまでに3分ほど時間がかかります。また、パスワードを入力してデスクトップ画面までの時間も2分ほどかかります。
$ cpufreq-infoで確認すると、 MAX_SPEED="2800MHz",MIN_SPEED="1000MHz"だけが設定されていました。governorはpowersaveのままでした。もう一度、$ sudo /etc/init.d/cpufrequtils restartと実行すると設定は完全に反映されていましたが、CPU周波数は変化せず、非常に重たく感じました。
$ watch -n 1 grep MHz 2/proc/cpuinfoでCPU周波数の監視をしたまま、サスペンドから復帰をすると、一時的にCPU周波数は2000MHzほどになりました。しばらく監視を続けると、周波数は徐々に400MHzに低下しました。その後は400MHz定格で動作していました。
複数のアプリケーションを起動するなど、負荷をかけても、CPU周波数は上昇せず、画面は重たくなるばかりでした。
CPUはIntel(R) Core(TM) i5-6200Uなので、もっと高速に動作するはずだと思うのですが……。

オフライン

 

Board footer

Powered by FluxBB