お知らせ

  • 利用規約を守って投稿してください。また、よくある質問および投稿の手引きも参照してください。
  • メッセージの投稿にはアカウントが必要です。未登録の方は、ユーザ登録ページからアカウントを作成することができます。

#1 2019-07-06 22:47:10

remain
新しいメンバ
登録日: 2019-07-06

update-manager でアップデートした後、日本語フォントが変わってしまった

初めて投稿させて頂きます。

現在 Ubuntu 18.04 を使用しているのですが、2019-07-05 に update-manager (Software Updater) で更新を適用した後 OS を再起動したところ、日本語のフォントが変わってしまいました。
具体的には、Google Chrome や Slack でフォントが変わっています。反対に、ウィンドウのタイトルバーではフォントは変わっていないように見えます (表示が小さいので恐らくですが…)。

/var/log/dpkg.log を確認したところ、関係がありそうな language-selector-common と language-selector-gnome が更新されていたためバージョンを下げてみましたが状況は変わらずでした。

また fc-match を実行すると DejaVuSans.ttf: "DejaVu Sans" "Book" と、fc-match :lang=ja を実行すると NotoSansCJK-Regular.ttc: "Noto Sans CJK JP" "Regular" と表示されます。
過去に fontconfig を変更したことはなく 18.04 のデフォルトの設定を使用していたので、事象が発生する前の fc-match の値はわからない状態です。

他に関係がありそうなパッケージ、あるいは設定としてはなにがありますでしょうか?
ご教示お願いいたします。

その他の環境情報は以下になります。

ハードウェア: ThinkPad T480s
デスクトップ環境: Xfce (xubuntu-desktop)

オフライン

 

#2 2019-07-18 07:34:44

ih2019
メンバ
登録日: 2019-02-06

Re: update-manager でアップデートした後、日本語フォントが変わってしまった

remain さん、おはようございます。

何かの拍子にいろんな設定が変わってしまうことは案外よくありますよ。

↓こちらを参考に設定し直してみてはいかがでしょうか?

Ubuntu 18.04 LTSの日本語フォントを変更する!【詳細解説】
Ubuntu 18.04 LTSより、デフォルトの日本語フォントが「Takaoフォント」から「Notoフォント」になりました。
https://linuxfan.info/ubuntu-18-04-change-ja-font

オフライン

 

Board footer

Powered by FluxBB