お知らせ

  • 利用規約を守って投稿してください。また、よくある質問および投稿の手引きも参照してください。
  • メッセージの投稿にはアカウントが必要です。未登録の方は、ユーザ登録ページからアカウントを作成することができます。

#1 2019-07-19 17:02:13

Joji
メンバ
登録日: 2019-01-20

設定変更が保存可能なライブUSBは作成可能

初心者サポートの中でも、Linux系の雑誌でも様々な手法が紹介されていますが、仕様について混乱もあるようなので、自分で試した範囲で可能だったことを書き、もっと簡単な手法があれば教えていただきたいと思います。まず、ライブDVD、ライブUSBの「ライブ」の意味につて。そのDVDやUSBメモリで起動してインストールする前にUbuntuを試しに使ってみることができることですよね?インストールメディア自身がそのosで起動するように作られているので、Firefoxや端末の機能を試すことができますが、通常は変更した内容が保存されないのでタイムゾーンを毎回設定しなければならない等、本当にお試しだけで実用にはなりません。しかし、ライブUSBで設定変更や作成したファイルが保存可能であれば、そのUSBを持ち歩くだけで、様々な場所で、同じ環境のUbuntuを使用でき非常に便利なので、そのためのツールやOS自体の機能が改良されているようです。結論だけを手短かに書けば、UNetbootin(Linux版)を使って、8GBのUSBメモリにUbuntu 19.04(日本語Remix)のisoイメージファイルとパーシステンス領域をセットし、書き込み完了後にgrub.cfgファイルに「あるパラメータ」を書き足せば、このライブUSBで起動して、Ubuntu 19.04を使用して、設定変更が保存され、ホームに保存したテキストファイル等も永続的に利用可能です。詳しい環境や注意点は、この後書き足していきます。

オフライン

 

#2 2019-07-19 17:54:25

Joji
メンバ
登録日: 2019-01-20

Re: 設定変更が保存可能なライブUSBは作成可能

Jojiです。PCのスペックを書きます。
メーカー・機種:HP EliteDesk800G2TWR
CPU:Corei5 6500 3.2GHz x4
メモリ:7.7GB
グラフィック:NVIDIA GeForce GTX1060 6GB
ハードドライブ:137.6GB
ハードディスク上のシステム:Ubuntu 18.04LTS bionic x86-64
BIOS / EFI:UEFI
この後、手順と注意点を書き足します。

オフライン

 

#3 2019-07-19 19:29:44

Joji
メンバ
登録日: 2019-01-20

Re: 設定変更が保存可能なライブUSBは作成可能

手順です。
1.8GBのUSBメモリを用意して、WindowsシステムでFAT32形式でフォーマットしておきます。(これをUbuntu上で行うには複雑な手順が必要なのでここだけWindows7を使用しました。)
2.UNetbootin(Linux版)をインストールします。私は、ハードディスク上のUbuntu18.04LTSにインストールしました。
3.Ubuntu 19.04 日本語Remixのサイトからisoファイルをダウンロードしておきます。例えば、~/ダウンロード/ubuntu-ja-19.04-desktop-amd64.isoとなります。
4.UNetbootinを起動します。
5.「ディスクイメージ」のチェックをオンにして、その右の「...」をクリックして上記~/ダウンロード/ubuntu-ja-19.04-desktop-amd64.isoを選択します。
リブートしてもファイルを維持するために使用(Ubuntuのみ)の右に3072(MB)と入力、
書き込み先のUSBドライブを指定して、「OK」で書き込み処理が始まります。10分程度かかり、Completeと表示されれば完了です。
6.再起動してライブUSBで起動するとUbuntu 19.04が使用可能です。デフォルトのタイムゾーンはLondonになっているので設定/日付と時間でタイムゾーンをTokyoにします。
この設定は保存されるので、次回の起動からは不要です。
7.その他、画面左のお気に入りに設定したアイコンやHomeに保存したファイル等もパーシステンス領域に保存されます。ただし、終了時に「電源オフ」ではなくシャットダウンする必要があるようで、
私は「端末」で$ shutdown nowするようにしています。

オフライン

 

#4 2019-07-21 11:13:31

Joji
メンバ
登録日: 2019-01-20

Re: 設定変更が保存可能なライブUSBは作成可能

注意点です。
1.あるパラメータを書き足すと...と書きましたが、BIOSで起動するPCの場合、ここまでの手順だけでUSBで起動して設定変更が保存可能な状態でubuntu19.04を使用可能です。USBから起動するには、使用するPCによって異なりますが、電源オン時に画面に表示される「Boot Option:F12」等のキーを押す(連打する)と表示されるブートメニューからUSBを選択します。「Setup:ESC」等と表示されるBIOS(EFI)設定画面から起動ドライブを選ぶ場合もあるようです。
2.EFI(UEFI)で起動するPCの場合、(私のHP EliteDeskがそうでした)この状態ではパーシステント(永続)機能が働かず、以下のパラメータの編集が必要です。テキストファイルなのでubuntuのテキストエディター(gedit)で可能です。USB中の/boot/grubフォルダにあるgrub.cfgファイルを開きます。
menuentry "Try Ubuntu without installing"というブロック{   }内にあるlinuxで始まる行の末尾にpersistentを追記します。私の場合以下のようになりました。
linux      /casper/vmlinuz file=/cdrom/pressed/ubuntu.seed boot=casper quiet splash --- debian-installer/language=ja keyboard-configuration/layoutcode?=jp
keyboard-configuration/modelcode?=jp106 persistent
この状態で上書き保存します。
3.終了時の注意。ubuntuを終了するには右上の電源マークをクリックし、表示されるウィンドウの右下にある「電源オフ」をクリックするのが一般的だと思いますが、これだとメモリ上にある変更したパラメータがストレージ保存されない場合があるようです。確実に保存して終了するには、私は、「端末」で、shutdown nowコマンドを実行して終了するようにしています。

オフライン

 

#5 2019-09-01 17:10:25

Joji
メンバ
登録日: 2019-01-20

Re: 設定変更が保存可能なライブUSBは作成可能

Jojiです。上記のLiveUSBを使って2台のPCで何度もテストを行いました。1台はスペックに書いたHPのデスクトップ機。もう一台は、デルのVostroノート機。Persistent領域の大きさも3GB,1GB,512MB,256MB,16MBといろいろ試しましたが、どうも起動やシャットダウンが安定しません。起動できるときもありますが、時間がかかり、5分〜10分経っても起動できないときがあります。途中でフリーズしてしまったのかいくら待っても起動できないときがあります。LiveUsbをUnetbootInで作成する時にPersistent領域のサイズをゼロにした場合は20秒くらいで起動できます。シャットダウンも時間がかかりません。PCの環境によるのか、使っているSony製のUsbメモリの相性が良くないのか、そもそもubuntu19.04ではLiveUsbでPersistent機能を利用することは無理なのか?原因は分かりませんが、この方法は諦めます。Persistent機能なしでも、起動する度に設定することは、タイムゾーン、キーボードの入力ソース、Mozcのキー設定、Thunderbirdのメールサーバー設定くらいで、大した量ではありません。保存したいファイル等は
HomeやドキュメントディレクトリではなくGoogleドライブや別のUsbメモリに保存すれば良いのです。他の方で、こうやればうまく起動するようになるよ等の情報がありましたら教えて下さい。

オフライン

 

#6 2019-09-07 17:12:32

pensioner
メンバ
登録日: 2010-02-15

Re: 設定変更が保存可能なライブUSBは作成可能

 Jojiさんが目指しているシステムはPuppy lynuxで実用化されていますが、Windowsの代役にする気になれません。
Ubuntu系でそんなことが可能とは知らず、USBメモリー使うときはインストールしていました。それが普通と思っていましたが、USBメモリーが2個必要で大変面倒です。現在はEasy2Bootに複数のisoファイルを入れて使っていますので、多少はは楽になりました。
 そういうわけでこのスレッドに注目していましたが、どうもうまく行かないようで残念です。別のUSBメモリーにデータを保存するというのではそのメモリーにインストールした方が手っ取り早い気がします。
 小生は昔からどういうわけかUNetbootinが使えず、実験できませんので、JojiさんがPersistent機能を使う実験を進めてくれると嬉しいです。

オフライン

 

#7 2020-02-09 16:18:24

Joji
メンバ
登録日: 2019-01-20

Re: 設定変更が保存可能なライブUSBは作成可能

pensionerさん
メッセージありがとうございます。この投稿を読んでくださる方がいらっしゃるとは思わず、久々に自分が書いた内容を見てみようと、このフォーラムを開いてみて、
驚きました。「Puppy lynuxで実用化されています」本当ですか!調べてみます。「UNetbootinが使え」ず「Easy2Bootに複数のisoファイルを入れて使っています」とのこと、
参考になります。もうじき20.04が出ますね。出たら、UNetbootinをもう一度試してみましょうか。

オフライン

 

#8 2020-02-10 23:42:37

bybywin
メンバ
From: 日本国群馬県
登録日: 2011-04-22

Re: 設定変更が保存可能なライブUSBは作成可能

UNetbootinでLive USB Memoryを作成する時に、保存領域の容量を設定出来たと思いますが・・・
LinuxLive USB Createrなら、確実に出来ます。
http://www.linuxliveusb.com/

Puppy Linux については、こちらをご参考に、
https://ameblo.jp/shinobar-blog/entry-11880392469.html
超軽量級のディストリビューションなので、色々と事と、面白い事が出来ます。

Live USB Memoryは圧縮されていますので、起動が遅いので運用面でイライラします。
----------------------------------------------------------------------
私は、40~80GBの中古のHDDを外付けHDDにして、そちらに色々なディストリビューションをインストールして、
遊んでいます。
BiosにUSB Bootの機能が有るパソコンなら接続してLinux OSを動作させる事が出来、起動しなくなった、
パソコンのデータ吸出しのレスキューとして使用する事が出来ます。
---------------------------------------------------------------------------
ドイツ発のKNOPIXはインストールしないで、Live CD(DVD)のままで使用するディストリビューションです。
Live CDからの起動が30secと早く、HDDのデータ読み込みが強力なので、データの吸出しのレスキューとして、
使用しているユーザーが数多います。

オフライン

 

#9 2020-02-11 10:26:45

bybywin
メンバ
From: 日本国群馬県
登録日: 2011-04-22

Re: 設定変更が保存可能なライブUSBは作成可能

追記です、質問内容を良く読まずに回答してしまいました。
LiveUSB Memoryの保存領域の件は無視して下さい。

外付けHDDにLinuxをインストールすると、パソコンの環境が有れば、BiosをUSB Bootを最初にすれば、起動出来ます。
カーネルにドライバーを内包している、Linuxならではの使用法ですね。
Windowsのログインのパスワードを解析する、アプリなどが有り、犯罪に使用されるのでは、ないかと要らぬ危惧をしてます。
Linuxの存在を知ってから、会社のパソコンの管理者にBiosにパスワードを設定するように進言しました。

Linux発祥地ドイツには、KNOPPIXの他、カメレオンのopenSUSEなど、Debian系統は違ったコンセプトのディストリビューション
が有り、それらを外付けHDDにインストールして、とっかいひっかいして老後の遊びとして、楽しんでます。
要らぬ事?を長々と書きました・・・

オフライン

 

#10 2020-02-13 19:15:09

pensioner
メンバ
登録日: 2010-02-15

Re: 設定変更が保存可能なライブUSBは作成可能

Jojiさん、bybywinさん今晩は。
 御両所に触発されて少し実験をしてみました。
>Live USB Memoryは圧縮されていますので、起動が遅いので運用面でイライラします。
 メモリーの少ない頃はその通りでしたが、現在では安物のUSBスティックにインストールしたものよりもLive-Usbのほうが遥かに早い状況です。
 そこで何とか設定を保存しようとしましたが、UNetbootinは相性が悪く、使えません。Boot用USBを作るときはもっぱらUbuntu系のソフトを利用していました。しかし、最近はHybrid-Iso形式が増えてきて、Windows上でLufasを使うことが多くなってきました。このソフトでは保存領域が設定できるのですが、うまく行ったことはありません。
 >LinuxLive USB Createrなら、確実に出来ます。
とのことなので、Lufasでも可能なのではないかと、今回は総当りで実験しました。すると、
 1.Kubuntu 19.10 と
 2.Lubuntu 19.10 で作成に成功しました。あとは全滅です。
 Kubuntuは非常に重いことになっていますが、このバージョンはXubuntuよりも早いです。いろいろ不具合がありますが何とか解決し、メインに使っています。Usb版はうっかり、Updateをしてしまい、保存領域が一杯になり、使うのをやめました。
 Lubuntuは緊急用に使用することにしました。

オフライン

 

Board footer

Powered by FluxBB