お知らせ

  • 利用規約を守って投稿してください。また、よくある質問および投稿の手引きも参照してください。
  • メッセージの投稿にはアカウントが必要です。未登録の方は、ユーザ登録ページからアカウントを作成することができます。

#1 2021-09-04 00:29:49

nahoko
メンバ
登録日: 2020-11-05

題目: UEFI上で複数のドライブを使ってマルチブートするにはどうすればいいですか?

(以前立てたトピックと同じ質問内容ですが、レスがつかないのは意図が伝わっていないためと考え、別の角度から表現を変えてトピックを立てました。)

私はUEFIのデスクトップで、1番目のハードドライブにdebian10 で1年くらい使ってきた。
最近別のハードディスクを追加して、debian11をインストールした。(debian10
上の問題を切り分けるため)、必要なプログラムや完全にカスタマイズされた古い
debian10を手放すことなく、物理ハードディスクを手で差し替えて、新旧バージョンのdebianを並行して使いたい。

残念ながら、私は UEFI に非常に困惑しています。UEFI でこのようなことができるのか疑問でした。

起動したときにBIOSメニューのUEFIエントリに、debian10とdebian11が並んで表示され、両方とも問題なく起動できるようになりたいのです。

debian10上で実行

コード:

$ sudo efibootmgr -v
BootCurrent: 0000
Timeout: 0 seconds
BootOrder: 0000,0001,0002

Boot0000* debian HD(1,GPT,4904e13d-5206-480f-9fc8-7cf0895845be,0x800,0x5f000)/File(\EFI\debian\shimx64.efi)

Boot0001* UEFI: Built-in EFI Shell VenMedia(5023b95c-db26-429b-a648-bd47664c8012)AMBO

Boot0002 Hard Drive BBS(HD,,0x0)AMGOAMNO........o.H.G.S.T. .H.T.S.5.4.5.0.3.2.A.7.E.6.8.0....................A...........................>..Gd-.;.A..MQ..L. . . . . . .B.R.4.2.E.0.P.M.6.0.Z.T.H.H......AMBO

$

何かヒントはありますか?助けてもらえれば嬉しいです。

オフライン

 

#2 2021-09-04 06:49:14

ry
メンバ
登録日: 2008-07-30

Re: 題目: UEFI上で複数のドライブを使ってマルチブートするにはどうすればいいですか?

以下を見つけたので参考程度に

efibootmgr - Gentoo Wiki

オフライン

 

#3 2021-09-05 22:48:29

nahoko
メンバ
登録日: 2020-11-05

Re: 題目: UEFI上で複数のドライブを使ってマルチブートするにはどうすればいいですか?

ry による投稿:

以下を見つけたので参考程度に
efibootmgr - Gentoo Wiki

リーさん、いつもありがとうございます。基本を知らず
こちらの方が手取り足取りなので、一歩一歩~やってます
https://kledgeb.blogspot.com/2015/11/efibootmgr-2-uefi.html
やっとその2
efibootmgr その2 - UEFIブートマネージャーにブートローダーを登録する
まで学んだところです。
理解が進展したら、質問に来ます!ww

オフライン

 

#4 2021-09-14 01:35:24

nahoko
メンバ
登録日: 2020-11-05

Re: 題目: UEFI上で複数のドライブを使ってマルチブートするにはどうすればいいですか?

こちらの方が手取り足取りなので、一歩一歩~やってます
https://kledgeb.blogspot.com/2015/11/efibootmgr-2-uefi.html
やっとその2
efibootmgr その2 - UEFIブートマネージャーにブートローダーを登録する

ブートローダーの登録は、エントリーの作成で行います。

(我)画像を見ると ubuntu , ubuntu2 とあり、自分がしたい debian, debian2 もできそうだ。

コマンドのフォーマットは、以下のようになります。(ロングオプションを略してショートオプションだけ挙げる)

sudo efibootmgr -c -d 'EFIシステムパーティションがあるディスク' -p 'パーティションの番号' -l 'ブートローダーのパス' -L 'エントリー名'

--disk 'EFIシステムパーティションがあるディスク'
    EFIシステムパーティションがあるディスクのデバイスファイルを指定します。
    このオプションを省略すると、「/dev/sda」が指定されたものとして扱われます。

(我)gparted で確認したら、「/dev/sda」でまちがいない。ゆえに省略できる。

--part 'パーティションの番号'
    EFIシステムパーティションのパーティション番号を指定します。
    このオプションを省略すると、「1」が指定されたものとして扱われます。     

(我)これも「1」であるから、省略できる。

ここまでを方程式に当てはめると...

sudo efibootmgr -c -l 'ブートローダーのパス' -L 'エントリー名'

-------------------------------------
  ↓ 以下から説明についていけなくなりました。よろしくおねがいします

--loader 'ブートローダーのパス'
    登録するブートローダーのパスを指定します。
    パスの区切り記号は、\\(バックスラッシュ2文字)で記述します。

     記述例
      \\EFI\\ubuntu\\shimx64.efi

オフライン

 

Board footer

Powered by FluxBB