お知らせ

  • 利用規約を守って投稿してください。また、よくある質問および投稿の手引きも参照してください。
  • メッセージの投稿にはアカウントが必要です。未登録の方は、ユーザ登録ページからアカウントを作成することができます。

#1 2007-05-21 12:47:27

1CAR
新しいメンバ
From: Saitama
登録日: 2006-12-28

bmobileを使った接続

bmobileを使ったダイヤルアップ接続できた人いますでしょうか?

Ubuntu6.10ではGkdial ISP Dialerを利用して接続できていたのですが、
Ubuntu7.04では、接続できません。

kppp、gnome-pppを使ってもうきません。

どなたか成功した方いらっしゃいますでしょうか?

オフライン

 

#2 2007-06-11 22:51:09

mjn
新しいメンバ
登録日: 2007-06-10

Re: bmobileを使った接続

1Carさん

はじめまして。 私の場合はbmobileのBMH11C-Jを利用しています。
同じく、最初はつながらなく、試行錯誤の末問題点を発見したので、試していただければ幸いです。

1。KPPPのウィザードでダイアルアップの設定をいれます。
2。作成後、 一旦閉じます。
3。再度、KPPPを立ち上げます。
4。下の”Configure" をクリックします。
5。2タブ目のModemsをクリックすると、モデムの設定プロファイルがあります。クリックしてEditします。
6。画面が現れ、DeviceとModemというタブがあらわれます。2タブ目のModemをクリックします。
7。下にModemCommandsがありますのでクリックします。 ここで縦長のモデム初期化コマンドが羅列されます。一番したのVolume off/low/high があり、三つの枠があります。ここにある初期コマンドをすべて空白にします。
8。OKをクリックします。 その他空いていた画面が2つ残るはずなので、 OK,OKします。
9。接続を試みてください。

私の場合はこれで接続可能でした。 ぜひ、お試しください。 

**理由(私の知識範囲内の解釈):一般的に電話線で接続するモデムの場合は電話線の音声”ぴぽぱぽ”がなります。上記7でこの音量を設定するコマンドが入っています。しかし、 Bmobile等のDigitalModem(携帯)の場合このATコマンドセットが無いためエラーを返します。 エラーが検知されたため、KPPP等のソフトはエラーが発生したので処理を中断します。上記7に標準記載されているコマンドを空白にすることによって、この音量チェックを回避することができます。エラーが起きないので、ダイアルアップの処理まですすみ、接続を可能にします。

オフライン

 

#3 2007-06-13 23:39:41

1CAR
新しいメンバ
From: Saitama
登録日: 2006-12-28

Re: bmobileを使った接続

mjnさん

私の環境(Thinkpad X60にUbuntu7.04をインストール)では、
kpppでConnectをクリックした瞬間に止まってしまいます。

お手数ですが、mjnさんの使用環境を教えてもらえないでしょうか?

オフライン

 

#4 2007-06-26 21:10:12

mjn
新しいメンバ
登録日: 2007-06-10

Re: bmobileを使った接続

1Carさん、
回答が遅れて申し訳ありません。Ubuntu環境で試してみます。

オフライン

 

#5 2007-06-29 14:47:38

1CAR
新しいメンバ
From: Saitama
登録日: 2006-12-28

Re: bmobileを使った接続

mjnさん

やっとつながりました。
原因は不明ですが・・・一応下記に原因かと思われる内容を記しておきます。

まず接続に成功したのは、
Ubuntu6.10を7.04にアップグレードした環境になります。
この時点では、デフォルトでインストールしたソフト以外何もインストールしていません。
アップデートは行ってあります。

あとは、pppconfigで設定です。
sudo pon bmobile
sudo poff bmobile
で接続、切断ができました。

接続できなくなるパターン
Ubuntu7.04環境にkdeのソフトを入れると接続できなくなりました。
例えば、k9copyやamarokなどです。
kde環境のソフトをアンインストールすると接続できるようになったので、
接続できていない人は試してください。

ちなみに接続に成功したカードは
BMS12C-J
です。

オフライン

 

Board footer

Powered by FluxBB