お知らせ

  • 利用規約を守って投稿してください。また、よくある質問および投稿の手引きも参照してください。
  • メッセージの投稿にはアカウントが必要です。未登録の方は、ユーザ登録ページからアカウントを作成することができます。

#1 2019-04-07 14:06:59

sasaming
メンバ
登録日: 2007-11-13

Ubuntu 18.04でubuntu-defaults-builderが途中で止まる

いつもお世話になっております。
Ubuntu StudioのPCオーディオ版を公開している者であります。

Ubuntu Studio 18.04のPCオーディオ版を作成しようと思い、ubuntu-defaults-builderを動かしてみたのですが、「/usr/bin/env: 'gpg': No such file or directory
(改行)E: GPG exited with error status 127」というエラーが出て、isoファイルを作ることができません。
Ubuntu Studioの環境でも、Ubuntuの環境でやっても、同じ結果になってしまいました。
おそらく、何かソフトかライブラリの欠落によるものと思われますが、アドバイスを頂ければ幸いです。

エラー発生までのログは以下の通りです。
-------以下、ログ-------
[2019-03-30 11:28:26] lb_bootstrap
P: Setting up cleanup function
[2019-03-30 11:28:26] lb_bootstrap_cache restore
P: Restoring bootstrap stage from cache...
[2019-03-30 11:28:35] lb_bootstrap_copy
[2019-03-30 11:28:35] lb_bootstrap_cdebootstrap
[2019-03-30 11:28:35] lb_bootstrap_debootstrap
P: Begin bootstrapping system...
[2019-03-30 11:28:35] lb_testroot
W: skipping bootstrap, already done
[2019-03-30 11:28:36] lb_bootstrap_cache save
P: Saving bootstrap stage to cache...
P: Begin unmounting filesystems...
P: Saving caches...
[2019-03-30 11:28:39] lb_chroot
P: Setting up cleanup function
[2019-03-30 11:28:39] lb_chroot_cache restore
[2019-03-30 11:28:40] lb_chroot_devpts install
[2019-03-30 11:28:40] lb_testroot
P: Begin mounting /dev/pts...
[2019-03-30 11:28:40] lb_chroot_proc install
[2019-03-30 11:28:40] lb_testroot
P: Begin mounting /proc...
[2019-03-30 11:28:41] lb_chroot_selinuxfs install
[2019-03-30 11:28:41] lb_testroot
[2019-03-30 11:28:41] lb_chroot_sysfs install
[2019-03-30 11:28:41] lb_testroot
P: Begin mounting /sys...
[2019-03-30 11:28:42] lb_chroot_debianchroot install
P: Configuring file /etc/debian_chroot
[2019-03-30 11:28:42] lb_chroot_dpkg install
P: Configuring file /sbin/start-stop-daemon
[2019-03-30 11:28:43] lb_chroot_tmpfs install
[2019-03-30 11:28:43] lb_chroot_sysv-rc install
P: Configuring file /usr/sbin/policy-rc.d
[2019-03-30 11:28:43] lb_chroot_upstart install
P: Configuring file /sbin/initctl
[2019-03-30 11:28:44] lb_chroot_hosts install
P: Configuring file /etc/hosts
[2019-03-30 11:28:44] lb_chroot_resolv install
P: Configuring file /etc/resolv.conf
[2019-03-30 11:28:44] lb_chroot_hostname install
P: Configuring file /etc/hostname
P: Configuring file /bin/hostname
[2019-03-30 11:28:45] lb_chroot_apt install
P: Configuring file /etc/apt/apt.conf
[2019-03-30 11:28:45] lb_chroot_archives chroot install
P: Configuring file /etc/apt/sources.list
Get:1 http://jp.archive.ubuntu.com/ubuntu bionic InRelease [242 kB]
Get:2 http://jp.archive.ubuntu.com/ubuntu bionic-updates InRelease [88.7 kB]
Get:3 http://jp.archive.ubuntu.com/ubuntu bionic/main amd64 Packages [1019 kB]
Get:4 http://security.ubuntu.com/ubuntu bionic-security InRelease [88.7 kB]
Get:5 http://jp.archive.ubuntu.com/ubuntu bionic/main Translation-en [516 kB]
Get:6 http://jp.archive.ubuntu.com/ubuntu bionic/restricted amd64 Packages [9184 B]
Get:7 http://jp.archive.ubuntu.com/ubuntu bionic/restricted Translation-en [3584 B]
Get:8 http://jp.archive.ubuntu.com/ubuntu bionic/universe amd64 Packages [8570 kB]
Get:9 http://security.ubuntu.com/ubuntu bionic-security/main amd64 Packages [284 kB]
Get:10 http://security.ubuntu.com/ubuntu bionic-security/main Translation-en [104 kB]
Get:11 http://security.ubuntu.com/ubuntu bionic-security/restricted amd64 Packages [4296 B]
Get:12 http://security.ubuntu.com/ubuntu bionic-security/restricted Translation-en [2192 B]
Get:13 http://security.ubuntu.com/ubuntu bionic-security/universe amd64 Packages [129 kB]
Get:14 http://security.ubuntu.com/ubuntu bionic-security/universe Translation-en [72.8 kB]
Get:15 http://security.ubuntu.com/ubuntu bionic-security/multiverse amd64 Packages [3748 B]
Get:16 http://security.ubuntu.com/ubuntu bionic-security/multiverse Translation-en [1952 B]
Get:17 http://jp.archive.ubuntu.com/ubuntu bionic/universe Translation-en [4941 kB]
Get:18 http://jp.archive.ubuntu.com/ubuntu bionic/multiverse amd64 Packages [151 kB]
Get:19 http://jp.archive.ubuntu.com/ubuntu bionic/multiverse Translation-en [108 kB]
Get:20 http://jp.archive.ubuntu.com/ubuntu bionic-updates/main amd64 Packages [560 kB]
Get:21 http://jp.archive.ubuntu.com/ubuntu bionic-updates/main Translation-en [207 kB]
Get:22 http://jp.archive.ubuntu.com/ubuntu bionic-updates/restricted amd64 Packages [6996 B]
Get:23 http://jp.archive.ubuntu.com/ubuntu bionic-updates/restricted Translation-en [3076 B]
Get:24 http://jp.archive.ubuntu.com/ubuntu bionic-updates/universe amd64 Packages [747 kB]
Get:25 http://jp.archive.ubuntu.com/ubuntu bionic-updates/universe Translation-en [196 kB]
Get:26 http://jp.archive.ubuntu.com/ubuntu bionic-updates/multiverse amd64 Packages [6388 B]
Get:27 http://jp.archive.ubuntu.com/ubuntu bionic-updates/multiverse Translation-en [3452 B]
Fetched 18.1 MB in 11s (1588 kB/s)
Reading package lists...
/usr/bin/env: 'gpg': No such file or directory
E: GPG exited with error status 127
P: Begin unmounting filesystems...
P: Saving caches...
-------以上、ログ-------

宜しくお願い申し上げます。

オフライン

 

#2 2019-04-09 11:00:47

kznj
メンバ
登録日: 2013-12-03

Re: Ubuntu 18.04でubuntu-defaults-builderが途中で止まる

1) ubuntu-defaults-image
 
実際に実行したのはubuntu-defaults-imageだと思うのですが、どのようなパラメータを指定していますか?
 
2) sh -x /usr/bin/ubuntu-defaults-image
 
ubuntu-defaults-imageの実体は、次の画像のように/usr/bin/にあるshのスクリプトです(18.10で確認)。
https://files-uploader.xzy.pw/upload/20190409105728_4278477363.png
 
スクリプトですから、"sh -x /usr/bin/ubuntu-defaults-image"として起動することで、スクリプトの実行を行単位でトレースして確認出来ます。
(-x 指定は、"-x xtrace  Write each command to standard error (preceded by a ‘+ ’) before it is executed.  Useful for debugging.")
 
これを使えば具体的にどこでエラーが起きたのか分かるのではないでしょうか?
 
 
以上です。

オフライン

 

#3 2019-04-11 21:20:14

sasaming
メンバ
登録日: 2007-11-13

Re: Ubuntu 18.04でubuntu-defaults-builderが途中で止まる

いつもお世話になっております。早速アドバイスを頂き、ありがとうございます。

1)パラメータについて
実際には/usr/bin/ubuntu-defaults-imageをワーキングディレクトリにコピーして、以下のコマンドを実行しています。
sh ./ubuntu-defaults-image --package ubuntu-defaults-audio_0.1_all.deb --components main,restricted,universe,multiverse

2)sh -xで実行
上記コマンドに-xオプションをつけて実行すると、以下のように表示されます。
+ set -e
+ LOCALE=
+ PACKAGE=
+ ARCH=
+ COMPONENTS=
+ MIRROR=
+ SECURITY_MIRROR=
+ PPAS=
+ FLAVOR=ubuntustudio-dvd
+ lsb_release -sc
+ SUITE=bionic
+ KEEP_APT_OPT=
+ DELETE_APT_LISTS=rm -vf /var/lib/apt/lists/*_*
+ which dpkg-architecture
+ dpkg-architecture -qDEB_HOST_ARCH
+ ARCH=amd64
+ getopt -o  -l help,locale:,keep-apt,keep-apt-components:,package:,arch:,flavor:,release:,components:,mirror:,security-mirror:,ppa: -- --package ubuntu-defaults-audio_0.1_all.deb --components main,restricted,universe,multiverse
+ eval set --  --package 'ubuntu-defaults-audio_0.1_all.deb' --components 'main,restricted,universe,multiverse' --
+ set -- --package ubuntu-defaults-audio_0.1_all.deb --components main,restricted,universe,multiverse --
+ :
+ PACKAGE=ubuntu-defaults-audio_0.1_all.deb
+ shift 2
+ :
+ echo main,restricted,universe,multiverse
+ tr -s 
+ sed s/,/ /g
+ COMPONENTS=main restricted universe multiverse
+ shift 2
+ :
+ shift
+ break
+ [ -z  ]
+ [ -z ubuntu-defaults-audio_0.1_all.deb ]
+ [ -z amd64 ]
+ [ -n  ]
+ [ -n  ]
+ [  ]
+ id -u
+ [ 1000 = 0 ]
+ SUDO=sudo
+ sudo apt-get -y install syslinux-themes-ubuntu syslinux-themes-ubuntu-bionic gfxboot-theme-ubuntu memtest86+ syslinux
[sudo] sammy のパスワード:
パッケージリストを読み込んでいます... 完了
依存関係ツリーを作成しています               
状態情報を読み取っています... 完了
E: パッケージ syslinux-themes-ubuntu-bionic が見つかりません

これはubuntu-defaults-imageの以下の行のところかと思われます。
$SUDO apt-get -y install syslinux-themes-ubuntu syslinux-themes-ubuntu-$SUITE gfxboot-theme-ubuntu memtest86+ syslinux || exit 1
そこでその行から、syslinux-themes-ubuntu-$SUITEを削除して、sudoを付けてもう1回実行してみます。
sudo sh -x ./ubuntu-defaults-image --package ubuntu-defaults-audio_0.1_all.deb --components main,restricted,universe,multiverse

すると、+ DISPLAY= env PROJECT=ubuntustudio-dvd ARCH=amd64 lb buildのところで、
/usr/bin/env: 'gpg': No such file or directory
E: GPG exited with error status 127
というエラーが出てしまいます。
これはおそらく、ubuntu-defaults-imageの以下の行のところかと思われます。
DISPLAY= $SUDO PROJECT="$FLAVOR" ARCH="$ARCH" lb build

syslinux-themes-ubuntu-bionicがあれば動きそうな気がするのですが、synapticで探しても見つかりません。

舌足らずで申し訳ありませんが、よろしくお願い申し上げます。

オフライン

 

#4 2019-04-12 18:27:22

kznj
メンバ
登録日: 2013-12-03

Re: Ubuntu 18.04でubuntu-defaults-builderが途中で止まる

1) syslinux-themes-ubuntu-bionicの扱い
 
syslinux-themes-ubuntuパッケージに関して書かれている、canonicalのlauchpadのこちらページ syslinux-themes-ubuntu package in Ubuntu を見てください。
18.10 Cosmic CuttlefishのBuilt packagesの中には"syslinux-themes-ubuntu-bionic"は無く"syslinux-themes-ubuntu-xenial"までしかありません。これは18.04のBionic Beaverについても同じです。
それもそのはずで、いずれも"Copied from ubuntu xenial in Primary Archive for Ubuntu"(xenialからコピーしたもの)だからです。
これは、canonicalの管理している範囲にはバイナリーのsyslinux-themes-ubuntu-bionicは無いことを意味します。
 
そうであれば、ppaを使うか自分でbuildしてパッケージを作成すればいいのですが、その前に次のことを確認したほうがいいでしょう(個人的に当方も知りたいです)
・質問者の方の"Ubuntu StudioのPCオーディオ版"の公開において、ひとつ前の18.04 Bitonic Beaverの時も対応するsyslinux-themes-ubuntu-***が無かったはずだが、それでも問題なかったのか?
・18.04 Bitonic Beaverだけでなく、16.04 Xenial Xerusより後の以下のバージョンも公開しているのなら、対応するsyslinux-themes-ubuntu-***が無かったはずだが、それでも問題なかったのか?
  Yakkety Yak (16.10)
  Zesty Zapus (17.04)
  Artful Aardvark (17.10)
 
syslinux-themes-ubuntu-*** にどのバージョンの分を収めるのかについて、canonicalの方針が今ひとつわかりません。16.04 Trusty Tahr 対応分のように、対象バージョンより過去のものをすべて含めている一方で、Xenial以降のように奇妙な形で欠落させたりもしています。
そのような違いがあるにしろ、前述のようにBionic Beaver分がXenial Xerus分をコピーしただけなのですから、Xenialより後はどのバージョンであってもそのバージョンそのものに対応する syslinux-themes-ubuntu-*** は存在しなかったではないかと思われます。
それでも公開およびその動作に問題がなかったのなら、そのバージョンに対応する syslinux-themes-ubuntu-*** そのものは必須ではないのだと思います。
 
もし過去の公開で問題が無かったのなら、今回の問題にしているメッセージの原因は、syslinux-themes-ubuntu-bionicが取れないことでは無いように思います。
 
 
2) ubuntu-defaults-image

sasaming による投稿:

実際には/usr/bin/ubuntu-defaults-imageをワーキングディレクトリにコピーして、以下のコマンドを実行しています。

ubuntu-defaults-imageのコードを見たところでは、スクリプトからの相対パスを想定しているところはないので、コピーしたことで問題は起きそうもありません。
ただ、ubuntu-defaults-imageが更に別のスクリプトを呼び出しているので、その場合にオリジナルの所在 /usr/bin でなくて大丈夫なのかがよくわかりません。
以下、質問者への確認になります。
・/usr/bin にはPATHが通っていると思うのですが、オリジナルの ubuntu-defaults-image をそのまま起動した場合でも結果は同じでしょうか?
・なぜコピーして使われてるのでしょうか?ubuntu-defaults-imageのコードに多少手を入れられているのでしょうか?
 
それと、ubuntu-defaults-imageがshのスクリプトであることをご存知だったのですから-x指定の起動は蛇足でした。お手数をかけて申し訳ありませんでした。
 
 
3) "/usr/bin/env: 'gpg': No such file or directory"のメッセージ

/usr/bin/env: 'gpg': No such file or directory
E: GPG exited with error status 127
P: Begin unmounting filesystems...

このメッセージ自体はlb_buildが出しています(厳密にはlb_buildが呼び出している別のスクリプトだと思われます)。
#1の段階で当方も気づくべきでしたがubuntu-defaults-builder自体に詳しいわけではないので、ubuntu-defaults-imageから調べ始めてしまいました。申し訳ありません。
 
以下は、メッセージを出している箇所までは特定出来ていないので途中情報になります。
 
ubuntu-defaults-imageを起動した後のプログラム(shのスクリプト)の呼び出し関係はコードを追ったところによると次のようになっているようです。
 ubuntu-defaults-image → lb → lb_build → (まだ続く)
"(まだ続く)"になってしまったのは、実行した環境に依存している部分(環境変数の参照、ディレクトリの存在チェックetc)があって、質問者の環境でどう実行されているかが判断出来ないからです。
lb_build自体は、/usr/lib/live/build にあるスクリプトでこのディクレトリに lb_* 形式の名前の複数のスクリプトがあります。lb_build は条件に応じてこれらのスクリプトを呼び出しています。
 
lb_buildの中を見ると概ね下記の下位スクリプトを呼び出していて、#1に書かれていたメッセージの内の幾つかが対応しています。
a) lb bootstrap  [2019-03-30 11:28:26] lb_bootstrap
b) lb chroot    [2019-03-30 11:28:39] lb_chroot
c) lb binary    (まだメッセージが出ていない)
d) lb source    (まだメッセージが出ていない)
※ 「[2019-03-30 11:28:35] lb_testroot」のような更に下位のスクリプトのメッセージは省略しています。
 
以上のことから判断して、lb_chrootの途中で問題のメッセージが出ていると思われるので、lb_chrootの中を見てみます。
途中までですが、下記の呼び出しを行っていて、#1に書かれていたメッセージの内の幾つかが対応しています。
 lb chroot_cache restore    [2019-03-30 11:28:39] lb_chroot_cache restore
 lb chroot_devpts install   [2019-03-30 11:28:40] lb_chroot_devpts install
 lb chroot_proc install    [2019-03-30 11:28:40] lb_chroot_proc install
 lb chroot_selinuxfs install  [2019-03-30 11:28:41] lb_chroot_selinuxfs install
 lb chroot_sysfs install    [2019-03-30 11:28:41] lb_chroot_sysfs install
 lb chroot_debianchroot    [2019-03-30 11:28:42] lb_chroot_debianchroot install
 lb chroot_dpkg install    [2019-03-30 11:28:42] lb_chroot_dpkg install
 lb chroot_tmpfs install    [2019-03-30 11:28:43] lb_chroot_tmpfs install
 lb chroot_sysv-rc install   [2019-03-30 11:28:43] lb_chroot_sysv-rc install
 lb chroot_upstart install   [2019-03-30 11:28:43] lb_chroot_upstart install
 lb chroot_hosts install    [2019-03-30 11:28:44] lb_chroot_hosts install
 lb chroot_resolv install   [2019-03-30 11:28:44] lb_chroot_resolv install
 lb chroot_hostname install  [2019-03-30 11:28:44] lb_chroot_hostname install
 lb chroot_apt install     [2019-03-30 11:28:45] lb_chroot_apt install
 lb chroot_archives chroot install [2019-03-30 11:28:45] lb_chroot_archives chroot install
 
この後に「Get:n http:// 〜〜」のメッセージが続いたあと、問題のメッセージが出ています。
 
ということは、少なくとも"lb chroot_archives chroot install"に対応するスクリプトlb_chroot_archivesの中か、その後に続いてるスクリプトで問題が発生していると思われます。
lb_chrootの中で"lb chroot_archives chroot install"に続く呼び出しを、下記に一部抜粋しておきます
 # Customizing chroot
 lb chroot_linux-image
 lb chroot_preseed
 lb chroot_early_hooks
 
スクリプトlb_chroot_archivesの先頭行を"#!/bin/sh -x"とすることで、#2でお話したトレースが出るように出来ると思います。
もしトレースをされるなら、/usr/lib/live/build というシステムサイドのディレクトリなのでオリジナルを別名保存などして万が一に備えて実施してください。
 
それから、スクリプト lb_chroot_archives を見た感じでは、"install"指定時の処理は18.10版では54行目〜603行目と大きいのですが、250行目辺りから"gpg"という単語が出てきて全部ではかなりの数になります。
「問題のメッセージを出しているのはこれのどれかかな?」という印象は受けました。ただ、"/usr/bin/env" の記述はいずれにも無いので確信が持てないでいます。
 
 
以上です。

オフライン

 

#5 2019-04-13 14:28:13

kznj
メンバ
登録日: 2013-12-03

Re: Ubuntu 18.04でubuntu-defaults-builderが途中で止まる

#4で当方下記のように言ってますが、#1を見直したら質問者の方が作成されているのは"18.04対応"のPCオーディオ版ですね。当方が調べるために見ていたのが18.10だったので混同してしまいました。

kznj による投稿:

・質問者の方の"Ubuntu StudioのPCオーディオ版"の公開において、ひとつ前の18.04 Bionic Beaverの時も対応するsyslinux-themes-ubuntu-***が無かったはずだが、それでも問題なかったのか?
・18.04 Bionic Beaverだけでなく、16.04 Xenial Xerusより後の以下のバージョンも公開しているのなら、対応するsyslinux-themes-ubuntu-***が無かったはずだが、それでも問題なかったのか?
  Yakkety Yak (16.10)
  Zesty Zapus (17.04)
  Artful Aardvark (17.10)

質問の1つ目は今作成されているのがまさに18.04ですから質問になっていませんでした。
質問の2つ目についてだけ確認してください。(LTSの間のバージョンだからPCオーディオ版の対象にされなかったでしょうか?)
 
また当方が18.10で調べてることで質問者の方の18.04とどのくらい差異があるかですが、両者のパッケージの状況は以下のようになっていました。
ubuntu-defaults-builderパッケージ  0.57(18.10) 0.57(18.04)   ← ubuntu-defaults-builder package in Ubuntu
live-buildパッケージ(*1)      3.0~a57-1ubuntu36(18.10) 3.0~a57-1ubuntu34.1(18.04)   ← live-build package in Ubuntu
*1:ubuntu-defaults-imageから呼び出されるlb_*のスリクプト群
 
大きな差異は無いので大丈夫だと思いますが、当方が言っている挙動と違うと思われる事象があったらご指摘をお願いします。
 
 
以上です。

オフライン

 

#6 2019-04-13 20:36:41

sasaming
メンバ
登録日: 2007-11-13

Re: Ubuntu 18.04でubuntu-defaults-builderが途中で止まる

本当に貴重なアドバイスを頂き、ありがとうございます。

1)まず、syslinux-themes-ubuntu-bionicの扱いについてですが、PCオーディオ版はLTSのみに作成しております。
xenial(16.04)の頃のubuntu-defaults-image(version 0.54)のsyslinux-themes-ubuntuに関するスクリプトをチェックしてみたのですが、現行バージョン(0.57)と相違ありませんでした。従って、ubuntu-defaults-imageのスクリプトから、syslinux-themes-themes-ubuntu-$SUITEを削除して実行することにしました。

2)/usr/bin/ubuntu-defaults-imageをワーキングディレクトリにコピーして実行するのは、元のファイルに手を加えたくないからであります。
ちなみに、元のファイルのフレーバーはubuntuになっていますが、私が作ろうとしているのは、ubuntustudio-dvdであります。
試しに/usr/bin/ubuntu-defaults-imageで実行してみましたが、同じエラーが出てしまう結果になりました。
なお、今回の解析にあたっては、-x指定が本当に役に立っています。本当にありがとうございます。

ubuntu-defaults-imageで指定する環境変数$SUDOが、sudoであれば問題なく通るのですが、envだとうまく行かないと推定しています。
そこで、ubuntu-defaults-imageをsudoを付けずに実行してみましたが、それでも同じエラーが出てしまいました。
そうなると、やはりスクリプトlb_chroot_archivesに問題があるようなので、中身をチェックしてみて、改めてご連絡させて頂きます。

重ねて御礼申し上げます。

オフライン

 

#7 2019-04-13 21:15:54

sasaming
メンバ
登録日: 2007-11-13

Re: Ubuntu 18.04でubuntu-defaults-builderが途中で止まる

度々申し訳ありません。
スクリプトlb_chroot_archivesの先頭行を"#!/bin/sh -x"として、ubuntu-defaults-imageを実行してみました。
エラーが出るまでのログは以下の通りになりました。
lb_chroot_archivesの399行目あたりでエラーが出ていると思うのですが、全くわかりません。
本当に申し訳ありません。

[2019-04-13 20:46:12] lb_chroot_archives chroot install
+ set -e
+ . /scripts/build.sh
+ . /usr/lib/live/build.sh
+ [ -e local/live-build ]
+ [ -e /functions/*.sh ]
+ [ -e /usr/share/live/build/functions/aliases.sh ]
+ . /usr/share/live/build/functions/aliases.sh
+ [ -e /usr/share/live/build/functions/architectures.sh ]
+ . /usr/share/live/build/functions/architectures.sh
+ [ -e /usr/share/live/build/functions/arguments.sh ]
+ . /usr/share/live/build/functions/arguments.sh
+ [ -e /usr/share/live/build/functions/breakpoints.sh ]
+ . /usr/share/live/build/functions/breakpoints.sh
+ [ -e /usr/share/live/build/functions/cache.sh ]
+ . /usr/share/live/build/functions/cache.sh
+ [ -e /usr/share/live/build/functions/chroot.sh ]
+ . /usr/share/live/build/functions/chroot.sh
+ [ -e /usr/share/live/build/functions/color.sh ]
+ . /usr/share/live/build/functions/color.sh
+ NO_COLOR=\033[0m
+ UNDERSCORE=\033[4m
+ BLINK=\033[5m
+ BLACK=\033[0;30m
+ DARK_GRAY=\033[1;30m
+ RED=\033[0;31m
+ LIGHT_RED=\033[1;31m
+ GREEN=\033[0;32m
+ LIGHT_GREEN=\033[1;32m
+ BROWN=\033[0;33m
+ YELLOW=\033[1;33m
+ BLUE=\033[0;34m
+ LIGHT_BLUE=\033[1;34m
+ PURPLE=\033[0;35m
+ LIGHT_PURPLE=\033[1;35m
+ CYAN=\033[0;36m
+ LIGHT_CYAN=\033[1;36m
+ GRAY=\033[0;37m
+ WHITE=\033[1;37m
+ [ -e /usr/share/live/build/functions/common.sh ]
+ . /usr/share/live/build/functions/common.sh
+ PROGRAM=live-build
+ [ -e /VERSION ]
+ cat /usr/share/live/build/VERSION
+ VERSION=3.0~a57-1
+ echo+ awk -F- { print $1 }
3.0~a57-1
+ CONFIG_VERSION=3.0~a57
+ PATH=/home/sammy/audio1804amd/local/scripts:/home/sammy/audio1804amd/local/scripts:/home/sammy/audio1804amd/local/scripts:/home/sammy/audio1804amd/local/scripts:/home/sammy/audio1804amd/local/scripts:/home/sammy/audio1804amd/local/scripts:/home/sammy/audio1804amd/local/scripts:/usr/local/sbin:/usr/local/bin:/usr/sbin:/usr/bin:/sbin:/bin:/snap/bin
+ [ -e /usr/share/live/build/functions/conffile.sh ]
+ . /usr/share/live/build/functions/conffile.sh
+ [ -e /usr/share/live/build/functions/cursor.sh ]
+ . /usr/share/live/build/functions/cursor.sh
+ [ -e /usr/share/live/build/functions/defaults.sh ]
+ . /usr/share/live/build/functions/defaults.sh
+ [ -e /usr/share/live/build/functions/echo.sh ]
+ . /usr/share/live/build/functions/echo.sh
+ [ -e /usr/share/live/build/functions/exit.sh ]
+ . /usr/share/live/build/functions/exit.sh
+ [ -e /usr/share/live/build/functions/help.sh ]
+ . /usr/share/live/build/functions/help.sh
+ [ -e /usr/share/live/build/functions/lockfile.sh ]
+ . /usr/share/live/build/functions/lockfile.sh
+ [ -e /usr/share/live/build/functions/losetup.sh ]
+ . /usr/share/live/build/functions/losetup.sh
+ [ -e /usr/share/live/build/functions/man.sh ]
+ . /usr/share/live/build/functions/man.sh
+ [ -e /usr/share/live/build/functions/packagelists.sh ]
+ . /usr/share/live/build/functions/packagelists.sh
+ [ -e /usr/share/live/build/functions/packages.sh ]
+ . /usr/share/live/build/functions/packages.sh
+ [ -e /usr/share/live/build/functions/releases.sh ]
+ . /usr/share/live/build/functions/releases.sh
+ RELEASE_squeeze=6.0.5
+ RELEASE_wheezy=7.0.0
+ RELEASE_jessie=8
+ RELEASE_sid=unstable
+ RELEASE_artax=1.0
+ RELEASE_baureo=2.0
+ RELEASE_charon=unstable
+ RELEASE_hardy=8.04
+ RELEASE_lucid=10.04
+ RELEASE_natty=11.04
+ RELEASE_oneiric=11.10
+ RELEASE_precise=12.04
+ RELEASE_quantal=12.10
+ RELEASE_raring=13.04
+ RELEASE_saucy=13.10
+ RELEASE_trusty=14.04
+ [ -e /usr/share/live/build/functions/stagefile.sh ]
+ . /usr/share/live/build/functions/stagefile.sh
+ [ -e /usr/share/live/build/functions/templates.sh ]
+ . /usr/share/live/build/functions/templates.sh
+ [ -e /usr/share/live/build/functions/usage.sh ]
+ . /usr/share/live/build/functions/usage.sh
+ [ -e /usr/share/live/build/functions/wrapper.sh ]
+ . /usr/share/live/build/functions/wrapper.sh
+ ls local/functions/*
+ Echo manage /etc/apt/sources.list
+ STRING=manage /etc/apt/sources.list
+ shift
+ printf manage /etc/apt/sources.list\n
+ DESCRIPTION=manage /etc/apt/sources.list
+ HELP=
+ USAGE=live-build {install|remove} [--force]
+ _PASS=chroot
+ shift
+ Arguments install
+ getopt --longoptions breakpoints,conffile:,debug,force,help,quiet,usage,verbose,version --name=live-build --options c:huv --shell sh -- install
+ ARGUMENTS= -- 'install'
+ [ 0 != 0 ]
+ eval set --  -- 'install'
+ set -- -- install
+ true
+ shift
+ break
+ Read_conffiles config/all config/common config/bootstrap config/chroot config/binary config/source
+ [ -f Get_conffiles ]
+ [ -f config/all ]
+ [ -f config/common ]
+ [ -r config/common ]
+ Echo_debug Reading configuration file %s config/common
+ [  = true ]
+ . config/common
+ LB_CONFIG_VERSION=3.0~a57
+ LB_APT=apt
+ LB_APT_FTP_PROXY=
+ LB_APT_HTTP_PROXY=
+ LB_APT_PIPELINE=
+ LB_APT_RECOMMENDS=true
+ LB_APT_SECURE=true
+ LB_APT_SOURCE_ARCHIVES=false
+ LB_BOOTSTRAP=debootstrap
+ LB_CACHE=false
+ LB_CACHE_INDICES=false
+ LB_CACHE_PACKAGES=true
+ LB_CACHE_STAGES=bootstrap
+ LB_DEBCONF_FRONTEND=noninteractive
+ LB_DEBCONF_NOWARNINGS=yes
+ LB_DEBCONF_PRIORITY=critical
+ LB_INITRAMFS=auto
+ LB_INITRAMFS_COMPRESSION=gzip
+ LB_INITSYSTEM=none
+ LB_FDISK=fdisk
+ LB_LOSETUP=losetup
+ LB_MODE=ubuntu
+ LB_SYSTEM=live
+ LB_USE_FAKEROOT=false
+ LB_TASKSEL=apt
+ LB_TEMPLATES=/usr/share/live/build/templates
+ _QUIET=false
+ APT_OPTIONS= --yes -oDebug::pkgDepCache::AutoInstall=yes
+ APTITUDE_OPTIONS=--assume-yes
+ GZIP_OPTIONS=-6 --rsyncable
+ ISOHYBRID_OPTIONS=
+ [ -f config/bootstrap ]
+ [ -r config/bootstrap ]
+ Echo_debug Reading configuration file %s config/bootstrap
+ [  = true ]
+ . config/bootstrap
+ LB_ARCHITECTURES=amd64
+ LB_BOOTSTRAP_INCLUDE=
+ LB_BOOTSTRAP_EXCLUDE=
+ LB_BOOTSTRAP_FLAVOUR=
+ LB_BOOTSTRAP_KEYRING=ubuntu-keyring
+ LB_DISTRIBUTION=bionic
+ LB_PARENT_DISTRIBUTION=bionic
+ LB_PARENT_DEBIAN_INSTALLER_DISTRIBUTION=bionic
+ LB_PARENT_MIRROR_BOOTSTRAP=http://archive.ubuntu.com/ubuntu/
+ LB_PARENT_MIRROR_CHROOT=http://jp.archive.ubuntu.com/ubuntu/
+ LB_PARENT_MIRROR_CHROOT_SECURITY=http://security.ubuntu.com/ubuntu/
+ LB_PARENT_MIRROR_CHROOT_VOLATILE=http://jp.archive.ubuntu.com/ubuntu/
+ LB_PARENT_MIRROR_CHROOT_BACKPORTS=none
+ LB_PARENT_MIRROR_BINARY=http://jp.archive.ubuntu.com/ubuntu/
+ LB_PARENT_MIRROR_BINARY_SECURITY=http://security.ubuntu.com/ubuntu/
+ LB_PARENT_MIRROR_BINARY_VOLATILE=http://jp.archive.ubuntu.com/ubuntu/
+ LB_PARENT_MIRROR_BINARY_BACKPORTS=none
+ LB_PARENT_MIRROR_DEBIAN_INSTALLER=http://jp.archive.ubuntu.com/ubuntu/
+ LB_MIRROR_BOOTSTRAP=http://jp.archive.ubuntu.com/ubuntu/
+ LB_MIRROR_CHROOT=http://jp.archive.ubuntu.com/ubuntu/
+ LB_MIRROR_CHROOT_SECURITY=http://security.ubuntu.com/ubuntu/
+ LB_MIRROR_CHROOT_VOLATILE=http://jp.archive.ubuntu.com/ubuntu/
+ LB_MIRROR_CHROOT_BACKPORTS=none
+ LB_MIRROR_BINARY=http://jp.archive.ubuntu.com/ubuntu/
+ LB_MIRROR_BINARY_SECURITY=http://security.ubuntu.com/ubuntu/
+ LB_MIRROR_BINARY_VOLATILE=http://archive.ubuntu.com/ubuntu/
+ LB_MIRROR_BINARY_BACKPORTS=none
+ LB_MIRROR_DEBIAN_INSTALLER=http://jp.archive.ubuntu.com/ubuntu/
+ LB_ARCHIVES=
+ LB_ARCHIVE_AREAS=main restricted
+ LB_PARENT_ARCHIVE_AREAS=main restricted universe multiverse
+ LB_BOOTSTRAP_QEMU_ARCHITECTURES=
+ LB_BOOTSTRAP_QEMU_EXCLUDE=
+ LB_BOOTSTRAP_QEMU_STATIC=
+ [ -f config/chroot ]
+ [ -r config/chroot ]
+ Echo_debug Reading configuration file %s config/chroot
+ [  = true ]
+ . config/chroot
+ LB_CHROOT_FILESYSTEM=squashfs
+ LB_UNION_FILESYSTEM=aufs
+ LB_EXPOSED_ROOT=false
+ LB_HOOKS=
+ LB_INTERACTIVE=false
+ LB_KEYRING_PACKAGES=ubuntu-keyring
+ LB_LINUX_FLAVOURS=lowlatency
+ LB_LINUX_PACKAGES=linux
+ LB_SECURITY=true
+ LB_VOLATILE=true
+ LB_BACKPORTS=false
+ LB_CHROOT_HOOKS=update-apt-file-cache update-apt-xapian-index update-mlocate-database remove-dbus-machine-id remove-openssh-server-host-keys remove-udev-persistent-rules
+ SUBPROJECT=
+ LB_DISTRIBUTION=bionic
+ [ -f config/binary ]
+ [ -r config/binary ]
+ Echo_debug Reading configuration file %s config/binary
+ [  = true ]
+ . config/binary
+ LB_BINARY_FILESYSTEM=fat16
+ LB_BINARY_IMAGES=iso-hybrid
+ LB_APT_INDICES=true
+ LB_BOOTAPPEND_LIVE=
+ LB_BOOTAPPEND_INSTALL=
+ LB_BOOTAPPEND_FAILSAFE=memtest noapic noapm nodma nomce nolapic nomodeset nosmp nosplash vga=normal
+ LB_BOOTLOADER=syslinux
+ LB_CHECKSUMS=none
+ LB_COMPRESSION=xz
+ LB_ZSYNC=false
+ LB_BUILD_WITH_CHROOT=false
+ LB_DEBIAN_INSTALLER=false
+ LB_DEBIAN_INSTALLER_DISTRIBUTION=bionic
+ LB_DEBIAN_INSTALLER_PRESEEDFILE=
+ LB_DEBIAN_INSTALLER_GUI=false
+ LB_GRUB_SPLASH=
+ LB_HDD_LABEL=UBUNTU
+ LB_HDD_SIZE=10000
+ LB_ISO_APPLICATION=Ubuntu Live
+ LB_ISO_PREPARER=livecd-rootfs
+ LB_ISO_PUBLISHER=Debian Live project; http://live.debian.net/; debian-live@lists.debian.org
+ date +%Y%m%d-%H:%M
+ LB_ISO_VOLUME=Ubuntu bionic 20190413-20:46
+ LB_EXT_BLOCKSIZE=
+ LB_EXT_RESIZEBLOCKS=
+ LB_EXT_FUDGEFACTOR=
+ LB_JFFS2_ERASEBLOCK=
+ LB_MEMTEST=memtest86+
+ LB_WIN32_LOADER=
+ LB_NET_ROOT_FILESYSTEM=nfs
+ LB_NET_ROOT_MOUNTOPTIONS=
+ LB_NET_ROOT_PATH=/srv/ubuntu-live
+ LB_NET_ROOT_SERVER=192.168.1.1
+ LB_NET_COW_FILESYSTEM=nfs
+ LB_NET_COW_MOUNTOPTIONS=
+ LB_NET_COW_PATH=
+ LB_NET_COW_SERVER=
+ LB_NET_TARBALL=true
+ LB_FIRMWARE_BINARY=false
+ LB_FIRMWARE_CHROOT=false
+ LB_SWAP_FILE_PATH=
+ LB_SWAP_FILE_SIZE=512
+ LB_SYSLINUX_THEME=ubuntu-bionic
+ LB_BINARY_HOOKS=
+ BUILDSTAMP=
+ SUBPROJECT=
+ LB_DISTRIBUTION=bionic
+ [ -f config/source ]
+ [ -r config/source ]
+ Echo_debug Reading configuration file %s config/source
+ [  = true ]
+ . config/source
+ LB_SOURCE=false
+ LB_SOURCE_IMAGES=tar
+ Set_defaults
+ [ -e local/live-build ]
+ LB_SYSTEM=live
+ [ -x /usr/bin/lsb_release ]
+ lsb_release -is
+ tr [A-Z] [a-z]
+ _DISTRIBUTOR=ubuntu
+ LB_MODE=ubuntu
+ LB_DISTRIBUTION=bionic
+ LB_DERIVATIVE=false
+ LB_PARENT_DISTRIBUTION=bionic
+ LB_PARENT_DEBIAN_INSTALLER_DISTRIBUTION=bionic
+ LB_BACKPORTS=false
+ LB_APT=apt
+ LB_APT_FTP_PROXY=
+ LB_APT_HTTP_PROXY=
+ APT_OPTIONS= --yes -oDebug::pkgDepCache::AutoInstall=yes
+ APTITUDE_OPTIONS=--assume-yes
+ BZIP2_OPTIONS=-6
+ GZIP_OPTIONS=-6 --rsyncable
+ gzip --help
+ grep -qs \-\-rsyncable
+ sed -e s|--rsyncable||
+ echo -6 --rsyncable
+ GZIP_OPTIONS=-6  --rsyncable
+ LZIP_OPTIONS=-6
+ LZMA_OPTIONS=-6
+ XZ_OPTIONS=-6
+ LB_APT_RECOMMENDS=true
+ LB_APT_SECURE=true
+ LB_APT_SOURCE_ARCHIVES=false
+ [ -z debootstrap ]
+ which debootstrap
+ [ ! -x /usr/sbin/debootstrap ]
+ LB_CACHE=false
+ LB_CACHE_INDICES=false
+ LB_CACHE_PACKAGES=true
+ LB_CACHE_STAGES=bootstrap
+ LB_DEBCONF_FRONTEND=noninteractive
+ LB_DEBCONF_NOWARNINGS=yes
+ LB_DEBCONF_PRIORITY=critical
+ LB_INITRAMFS=casper
+ LB_INITRAMFS_COMPRESSION=gzip
+ [ -z fdisk ]
+ [ ! -x fdisk ]
+ [ -x /sbin/fdisk.distrib ]
+ [ -x /sbin/fdisk ]
+ LB_FDISK=fdisk
+ [ -z losetup ]
+ [ losetup != /sbin/losetup.orig ]
+ [ -x /sbin/losetup.orig ]
+ [ -x /sbin/losetup ]
+ LB_LOSETUP=losetup
+ id -u
+ [ 0 = 0 ]
+ LB_ROOT_COMMAND=
+ [  = i386 ]
+ _LINUX32=
+ LB_TASKSEL=apt
+ LB_ROOT=ubuntu-live
+ [ -n  ]
+ LB_INCLUDES=/usr/share/live/build/includes
+ [ -n  ]
+ LB_TEMPLATES=/usr/share/live/build/templates
+ _BREAKPOINTS=false
+ _COLOR=false
+ _DEBUG=false
+ _FORCE=false
+ _QUIET=false
+ _VERBOSE=false
+ [ -z amd64 ]
+ LB_MIRROR_BOOTSTRAP=http://jp.archive.ubuntu.com/ubuntu/
+ LB_PARENT_MIRROR_BOOTSTRAP=http://archive.ubuntu.com/ubuntu/
+ LB_PARENT_MIRROR_CHROOT=http://jp.archive.ubuntu.com/ubuntu/
+ LB_MIRROR_CHROOT=http://jp.archive.ubuntu.com/ubuntu/
+ LB_MIRROR_CHROOT_SECURITY=http://security.ubuntu.com/ubuntu/
+ LB_PARENT_MIRROR_CHROOT_SECURITY=http://security.ubuntu.com/ubuntu/
+ LB_MIRROR_CHROOT_VOLATILE=http://jp.archive.ubuntu.com/ubuntu/
+ LB_PARENT_MIRROR_CHROOT_VOLATILE=http://jp.archive.ubuntu.com/ubuntu/
+ LB_PARENT_MIRROR_CHROOT_BACKPORTS=none
+ LB_MIRROR_CHROOT_BACKPORTS=none
+ LB_MIRROR_BINARY=http://jp.archive.ubuntu.com/ubuntu/
+ LB_PARENT_MIRROR_BINARY=http://jp.archive.ubuntu.com/ubuntu/
+ LB_MIRROR_BINARY_SECURITY=http://security.ubuntu.com/ubuntu/
+ LB_PARENT_MIRROR_BINARY_SECURITY=http://security.ubuntu.com/ubuntu/
+ LB_MIRROR_BINARY_VOLATILE=http://archive.ubuntu.com/ubuntu/
+ LB_PARENT_MIRROR_BINARY_VOLATILE=http://jp.archive.ubuntu.com/ubuntu/
+ LB_PARENT_MIRROR_BINARY_BACKPORTS=none
+ LB_MIRROR_BINARY_BACKPORTS=none
+ LB_MIRROR_DEBIAN_INSTALLER=http://jp.archive.ubuntu.com/ubuntu/
+ LB_PARENT_MIRROR_DEBIAN_INSTALLER=http://jp.archive.ubuntu.com/ubuntu/
+ LB_ARCHIVE_AREAS=main restricted
+ LB_PARENT_ARCHIVE_AREAS=main restricted universe multiverse
+ LB_CHROOT_FILESYSTEM=squashfs
+ LB_EXPOSED_ROOT=false
+ LB_UNION_FILESYSTEM=aufs
+ LB_CHROOT_HOOKS=update-apt-file-cache update-apt-xapian-index update-mlocate-database remove-dbus-machine-id remove-openssh-server-host-keys remove-udev-persistent-rules
+ LB_INTERACTIVE=false
+ LB_KEYRING_PACKAGES=ubuntu-keyring
+ LB_LINUX_FLAVOURS=lowlatency
+ LB_LINUX_PACKAGES=linux
+ LB_SECURITY=true
+ LB_VOLATILE=true
+ LB_BINARY_FILESYSTEM=fat16
+ LB_BINARY_IMAGES=iso-hybrid
+ LB_APT_INDICES=true
+ [ -z syslinux ]
+ LB_CHECKSUMS=none
+ LB_COMPRESSION=xz
+ LB_ZSYNC=false
+ LB_BUILD_WITH_CHROOT=false
+ LB_BUILD_WITH_TMPFS=false
+ LB_DEBIAN_INSTALLER=false
+ LB_DEBIAN_INSTALLER_DISTRIBUTION=bionic
+ LB_DEBIAN_INSTALLER_GUI=false
+ [ -z  ]
+ Find_files config/binary_debian-installer/preseed.cfg
+ Find_files config/binary_debian-installer/*.cfg
+ LB_BOOTAPPEND_FAILSAFE=memtest noapic noapm nodma nomce nolapic nomodeset nosmp nosplash vga=normal
+ [ -n  ]
+ [ -n ]
+ LB_BOOTAPPEND_INSTALL=
+ sed -e s/[ \t]*$//
+ echo
+ LB_BOOTAPPEND_INSTALL=
+ LB_ISO_APPLICATION=Ubuntu Live
+ LB_ISO_PREPARER=livecd-rootfs
+ LB_ISO_PUBLISHER=Debian Live project; http://live.debian.net/; debian-live@lists.debian.org
+ LB_HDD_LABEL=UBUNTU
+ LB_HDD_SIZE=10000
+ LB_ISO_VOLUME=Ubuntu bionic 20190413-20:46
+ LB_MEMTEST=memtest86+
+ LB_NET_ROOT_FILESYSTEM=nfs
+ LB_NET_ROOT_PATH=/srv/ubuntu-live
+ LB_NET_ROOT_SERVER=192.168.1.1
+ LB_NET_COW_FILESYSTEM=nfs
+ LB_NET_TARBALL=true
+ LB_SYSLINUX_THEME=ubuntu-bionic
+ LB_FIRMWARE_CHROOT=false
+ LB_FIRMWARE_BINARY=false
+ LB_SWAP_FILE_SIZE=512
+ LB_SOURCE=false
+ LB_SOURCE_IMAGES=tar
+ LB_USE_FAKEROOT=false
+ Require_stagefile .build/config .build/bootstrap
+ basename /usr/lib/live/build/lb_chroot_archives
+ NAME=lb_chroot_archives
+ FILES=.build/config .build/bootstrap
+ wc -w
+ echo .build/config .build/bootstrap
+ NUMBER=2
+ [ -f .build/config ]
+ CONTINUE=true
+ basename .build/config
+ NAME=lb_chroot_archives config
+ [ -f .build/bootstrap ]
+ CONTINUE=true
+ basename .build/bootstrap
+ NAME=lb_chroot_archives config bootstrap
+ [ true != true ]
+ _LB_LOCAL_KEY_EMAIL=live-build-local-key@invalid
+ [ -n  ]
+ _BASE=/usr/share/live/build
+ _PARENT_FILE=sources.list
+ Echo_message Configuring file /etc/apt/sources.list
+ [ false != true ]
+ STRING=Configuring file /etc/apt/sources.list
+ shift
+ [ false = false ]
+ printf P:
P:+ printf  Configuring file /etc/apt/sources.list\n
Configuring file /etc/apt/sources.list
+ Check_stagefile .build/chroot_archives
+ FILE=.build/chroot_archives
+ basename .build/chroot_archives
+ NAME=chroot_archives
+ [ -f .build/chroot_archives ]
+ Check_lockfile .lock
+ FILE=.lock
+ [ -z .lock ]
+ [ -f .lock ]
+ Create_lockfile .lock
+ FILE=.lock
+ [ -z .lock ]
+ dirname .lock
+ DIRECTORY=.
+ mkdir -p .
+ trap ret=${?}; rm -f ".lock"; exit ${ret} EXIT HUP INT QUIT TERM
+ touch .lock
+ Restore_cache cache/packages.chroot
+ DIRECTORY=cache/packages.chroot
+ [ false = true ]
+ cat
+ [ chroot = source ]
+ [ false = true ]
+ [ false = true ]
+ [ true = true ]
+ echo deb http://security.ubuntu.com/ubuntu/ bionic-security main restricted universe multiverse
+ [ chroot = source ]
+ [ false = true ]
+ [ true = true ]
+ echo deb http://jp.archive.ubuntu.com/ubuntu/ bionic-updates main restricted universe multiverse
+ [ chroot = source ]
+ [ false = true ]
+ [ false = true ]
+ [ false = true ]
+ rm -f chroot/etc/apt/preferences.d/*
+ [ -n  ]
+ Find_files config/archives/*.list
+ Find_files config/archives/*.list.chroot
+ Find_files config/archives/*.pref
+ Find_files config/archives/*.pref.chroot
+ Find_files config/packages.chroot/ubuntu-audio-jp_0.1ubuntu3_all.deb
+ rm -rf chroot/root/packages
+ mkdir -p chroot/root/packages
+ stat --printf %d config/packages.chroot
+ stat --printf %d chroot/root/packages
+ [ 2050 = 2050 ]
+ CP_OPTIONS=-l
+ Find_files config/packages.chroot/*_amd64.deb
+ Find_files config/packages/*_amd64.deb
+ Find_files config/packages.chroot/ubuntu-audio-jp_0.1ubuntu3_all.deb
+ [ -L config/packages.chroot/ubuntu-audio-jp_0.1ubuntu3_all.deb ]
+ [ -e config/packages.chroot/ubuntu-audio-jp_0.1ubuntu3_all.deb ]
+ cp -l config/packages.chroot/ubuntu-audio-jp_0.1ubuntu3_all.deb chroot/root/packages
+ [ -L config/packages/*_all.deb ]
+ [ -e config/packages/*_all.deb ]
+ Find_files chroot/root/packages/ubuntu-audio-jp_0.1ubuntu3_all.deb
+ [  != standard ]
+ Apt chroot update
+ CHROOT=chroot
+ shift
+ Chroot chroot apt-get --yes -oDebug::pkgDepCache::AutoInstall=yes update
+ CHROOT=chroot
+ shift
+ COMMANDS=apt-get --yes -oDebug::pkgDepCache::AutoInstall=yes update
+ Echo_debug Executing: %s apt-get --yes -oDebug::pkgDepCache::AutoInstall=yes update
+ [ false = true ]
+ ENV=
+ [ -e config/environment ]
+ [ -e config/environment.chroot ]
+ [ false != true ]
+ chroot chroot /usr/bin/env -i HOME=/root PATH=/usr/local/sbin:/usr/local/bin:/sbin:/bin:/usr/sbin:/usr/bin TERM=xterm-256color DEBIAN_FRONTEND=noninteractive DEBIAN_PRIORITY=critical DEBCONF_NOWARNINGS=yes apt-get --yes -oDebug::pkgDepCache::AutoInstall=yes update
Get:1 http://jp.archive.ubuntu.com/ubuntu bionic InRelease [242 kB]
Get:2 http://security.ubuntu.com/ubuntu bionic-security InRelease [88.7 kB]
Get:3 http://jp.archive.ubuntu.com/ubuntu bionic-updates InRelease [88.7 kB]
Get:4 http://jp.archive.ubuntu.com/ubuntu bionic/main amd64 Packages [1019 kB]
Get:5 http://jp.archive.ubuntu.com/ubuntu bionic/main Translation-en [516 kB]
Get:6 http://jp.archive.ubuntu.com/ubuntu bionic/restricted amd64 Packages [9184 B]
Get:7 http://jp.archive.ubuntu.com/ubuntu bionic/restricted Translation-en [3584 B]
Get:8 http://jp.archive.ubuntu.com/ubuntu bionic/universe amd64 Packages [8570 kB]
Get:9 http://security.ubuntu.com/ubuntu bionic-security/main amd64 Packages [296 kB]
Get:10 http://security.ubuntu.com/ubuntu bionic-security/main Translation-en [106 kB]
Get:11 http://security.ubuntu.com/ubuntu bionic-security/restricted amd64 Packages [4296 B]
Get:12 http://security.ubuntu.com/ubuntu bionic-security/restricted Translation-en [2192 B]
Get:13 http://security.ubuntu.com/ubuntu bionic-security/universe amd64 Packages [131 kB]
Get:14 http://security.ubuntu.com/ubuntu bionic-security/universe Translation-en [74.2 kB]
Get:15 http://security.ubuntu.com/ubuntu bionic-security/multiverse amd64 Packages [3748 B]
Get:16 http://security.ubuntu.com/ubuntu bionic-security/multiverse Translation-en [1952 B]
Get:17 http://jp.archive.ubuntu.com/ubuntu bionic/universe Translation-en [4941 kB]
Get:18 http://jp.archive.ubuntu.com/ubuntu bionic/multiverse amd64 Packages [151 kB]
Get:19 http://jp.archive.ubuntu.com/ubuntu bionic/multiverse Translation-en [108 kB]
Get:20 http://jp.archive.ubuntu.com/ubuntu bionic-updates/main amd64 Packages [574 kB]
Get:21 http://jp.archive.ubuntu.com/ubuntu bionic-updates/main Translation-en [212 kB]
Get:22 http://jp.archive.ubuntu.com/ubuntu bionic-updates/restricted amd64 Packages [6996 B]
Get:23 http://jp.archive.ubuntu.com/ubuntu bionic-updates/restricted Translation-en [3076 B]
Get:24 http://jp.archive.ubuntu.com/ubuntu bionic-updates/universe amd64 Packages [756 kB]
Get:25 http://jp.archive.ubuntu.com/ubuntu bionic-updates/universe Translation-en [201 kB]
Get:26 http://jp.archive.ubuntu.com/ubuntu bionic-updates/multiverse amd64 Packages [6388 B]
Get:27 http://jp.archive.ubuntu.com/ubuntu bionic-updates/multiverse Translation-en [3452 B]
Fetched 18.1 MB in 22s (807 kB/s)
Reading package lists...
+ return 0
+ Check_package chroot/usr/bin/apt-ftparchive apt-utils
+ FILE=chroot/usr/bin/apt-ftparchive
+ PACKAGE=apt-utils
+ Check_installed chroot/usr/bin/apt-ftparchive apt-utils
+ FILE=chroot/usr/bin/apt-ftparchive
+ PACKAGE=apt-utils
+ which dpkg-query
+ grep -qs Status: install
+ Chroot chroot dpkg-query -s apt-utils
+ INSTALL_STATUS=0
+ Install_package
+ [ -n  ]
+ echo cd /root/packages && apt-ftparchive packages . > Packages
+ Chroot chroot sh
+ CHROOT=chroot
+ shift
+ COMMANDS=sh
+ Echo_debug Executing: %s sh
+ [ false = true ]
+ ENV=
+ [ -e config/environment ]
+ [ -e config/environment.chroot ]
+ [ false != true ]
+ chroot chroot /usr/bin/env -i HOME=/root PATH=/usr/local/sbin:/usr/local/bin:/sbin:/bin:/usr/sbin:/usr/bin TERM=xterm-256color DEBIAN_FRONTEND=noninteractive DEBIAN_PRIORITY=critical DEBCONF_NOWARNINGS=yes sh
+ return 0
+ gzip -9 -c chroot/root/packages/Packages
+ echo cd /root/packages && apt-ftparchive                     -o APT::FTPArchive::Release::Origin=config/packages.chroot                     release . > Release
+ Chroot chroot sh
+ CHROOT=chroot
+ shift
+ COMMANDS=sh
+ Echo_debug Executing: %s sh
+ [ false = true ]
+ ENV=
+ [ -e config/environment ]
+ [ -e config/environment.chroot ]
+ [ false != true ]
+ chroot chroot /usr/bin/env -i HOME=/root PATH=/usr/local/sbin:/usr/local/bin:/sbin:/bin:/usr/sbin:/usr/bin TERM=xterm-256color DEBIAN_FRONTEND=noninteractive DEBIAN_PRIORITY=critical DEBCONF_NOWARNINGS=yes sh
+ return 0
+ [ true = true ]
+ _LB_DOTGNUPG_EXISTED=0
+ [ -d chroot/root/.gnupg ]
+ mkdir -p chroot/root/.gnupg
+ [ -e chroot/dev/random ]
+ mv chroot/dev/random chroot/dev/random.orig
+ cp -a chroot/dev/urandom chroot/dev/random
+ Find_files cache/local-package-keyring.*
+ + echo Key-Type: RSA
                              Key-Length: 1024
                              Subkey-Type: ELG-E
                              Subkey-Length: 1024
                              Name-Real: live-build local packages key
                              Name-Email: live-build-local-key@invalid
                              Expire-Date: 0
                              %secring /root/local-package-keyring.sec
                              %pubring /root/local-package-keyring.pub
                              %commit
Chroot chroot gpg --batch --gen-key
+ CHROOT=chroot
+ shift
+ COMMANDS=gpg --batch --gen-key
+ Echo_debug Executing: %s gpg --batch --gen-key
+ [ false = true ]
+ ENV=
+ [ -e config/environment ]
+ [ -e config/environment.chroot ]
+ [ false != true ]
+ chroot chroot /usr/bin/env -i HOME=/root PATH=/usr/local/sbin:/usr/local/bin:/sbin:/bin:/usr/sbin:/usr/bin TERM=xterm-256color DEBIAN_FRONTEND=noninteractive DEBIAN_PRIORITY=critical DEBCONF_NOWARNINGS=yes gpg --batch --gen-key
/usr/bin/env: 'gpg': No such file or directory
+ return 127
+ _LB_RET=127
+ Echo_error GPG exited with error status %s 127
+ STRING=GPG exited with error status %s
+ shift
+ [ false = false ]
+ printf E:
E:+ printf  GPG exited with error status %s\n 127
GPG exited with error status 127
+ exit 127
+ ret=127
+ rm -f .lock
+ exit 127
P: Begin unmounting filesystems...
P: Saving caches...

オフライン

 

#8 2019-04-14 13:12:37

kznj
メンバ
登録日: 2013-12-03

Re: Ubuntu 18.04でubuntu-defaults-builderが途中で止まる

1) エラーの発生箇所

#7で書かれたメッセージ中では、先行している処理含めて下記の箇所になります。

Chroot chroot gpg --batch --gen-key
+ CHROOT=chroot
+ shift
+ COMMANDS=gpg --batch --gen-key
+ Echo_debug Executing: %s gpg --batch --gen-key
+ [ false = true ]
+ ENV=
+ [ -e config/environment ]
+ [ -e config/environment.chroot ]
+ [ false != true ]
+ chroot chroot /usr/bin/env -i HOME=/root PATH=/usr/local/sbin:/usr/local/bin:/sbin:/bin:/usr/sbin:/usr/bin TERM=xterm-256color DEBIAN_FRONTEND=noninteractive DEBIAN_PRIORITY=critical DEBCONF_NOWARNINGS=yes gpg --batch --gen-key
/usr/bin/env: 'gpg': No such file or directory
+ return 127
+ _LB_RET=127

このメッセージを出している、スクリプトlb_chroot_archivesの"関係箇所"は次のところで、行番号にして389行目から始まっています。

コード:

    # Generate temporary key
    echo "Key-Type: RSA
          Key-Length: 1024
          Subkey-Type: ELG-E
          Subkey-Length: 1024
          Name-Real: live-build local packages key
          Name-Email: ${_LB_LOCAL_KEY_EMAIL}
          Expire-Date: 0
          %secring /root/local-package-keyring.sec
          %pubring /root/local-package-keyring.pub
          %commit" | Chroot chroot "gpg --batch --gen-key" || _LB_RET=${?}  ※

    case "${_LB_RET}" in
        ""|2)
            # Gnupg sometimes seems to return with a status of 2 when there was not
            # enough entropy (and key creation blocks temporarily) even if the
            # operation was ultimately successful.
            ;;
        *)
            Echo_error "GPG exited with error status %s" "${_LB_RET}"
            exit ${_LB_RET}
            ;;
    esac

あくまで"関係箇所"なので、ここで問題のメッセージは出していません。実際にメッセージを出しているのは「Chroot chroot "gpg --batch --gen-key"」(上記の※の行)のChrootの中です。
Chrootはshの関数で、 /usr/share/live/build/functions/ の下にある chroot.sh に記述されています。
このファイルの読み込みは、lb_chroot_archives の最初の方の下記の一行で行われています。
 ( . "${LIVE_BUILD}/scripts/build.sh" > /dev/null 2>&1 || true ) || . /usr/lib/live/build.sh
 
Chroot関数内の、問題のメッセージを出している箇所は下記のところです。chroot.shの31行目になります。

コード:

    ${LB_ROOT_COMMAND} ${_LINUX32} chroot "${CHROOT}" /usr/bin/env -i HOME="/root" PATH="/usr/local/sbin:/usr/local/bin:/sbin:/bin:/usr/sbin:/usr/bin" TERM="${TERM}" DEBIAN_FRONTEND="${LB_DEBCONF_FRONTEND}" DEBIAN_PRIORITY="${LB_DEBCONF_PRIORITY}" DEBCONF_NOWARNINGS="${LB_DEBCONF_NOWARNINGS}" ${ENV} ${COMMANDS}

この行に変数の内容が展開されると、-x 指定でトレース出力した中にあった、下記のものになります。

chroot chroot /usr/bin/env -i HOME=/root PATH=/usr/local/sbin:/usr/local/bin:/sbin:/bin:/usr/sbin:/usr/bin TERM=xterm-256color DEBIAN_FRONTEND=noninteractive DEBIAN_PRIORITY=critical DEBCONF_NOWARNINGS=yes gpg --batch --gen-key

 
 
2) 問題のメッセージの直接の原因
 
原因はプログラム"gpg"が見つからないことです。"/usr/bin/env: 'gpg': No such file or directory"はそのことを意味していました。
"command not found"ではなく"No such file or directory"になっているのは、"gpg"が /usr/bin/env のパラメータとして指定されているためです。
 
gpgが見つからないといっても、質問者の方はインストールされていると思います。そうでないとapt系のコマンドが動きませんから。
問題は、メッセージを出している箇所では、chrootしていてルートディレクトリが、いわゆる"/"ではなく第1パラメータに指定された"chroot"になっていることです。
その関係で、まず /usr/bin/env 自体が、"chroot" を "/" と見做した上での /usr/bin/env (=chroot/usr/bin/env)になっています。
また、/usr/bin/env が認識するはずのPATHに指定された一連のパスも、"chroot" を "/" と見做した場合に指しているものにずれています(例:/usr/bin → chroot/usr/bin)。そのずれたパスの場所に"gpg"がなければ左記のエラーになります。
 
 
3) 対処方法
 
正直なところわかりません。直接の原因は前述の通りだと思いますが、なぜそんな状況になっているのかが見当つかないでいます。
そこで、質問者の方に以下を確認です。
・以前isoイメージを作成した時は、ディレクトリ"chroot"に手動で本来のルートディレクトリ"/"から必要なものをコピーしたりしたでしょうか?
・ubuntu-defatults-image(もしくはubuntu-defaults-template)を実行する段階で、ディレクトリ"chroot"はどうなっているのが前提なのでしょうか?
 
もしubuntu-defatults-image(もしくはubuntu-defaults-template)を実行する前になにか手動の手順があったのなら、そこでの不備ということも考えられないわけではありません。
 
「問題の箇所が実行されてなくてもいいのでは?」というのも考えてみたのですが、スクリプトlb_chroot_archivesのコードを見ると実行される場合は以下の全てを満たした時になっています。
a) chroot/root/packages/*.debが存在する(なんらかのdebファイルがある)
b) ${LB_APT_SECURE}が"true"である
c) cache/local-package-keyring.* が存在しない
 
a)は、lb_chroot_archivesの311行目辺りからパッケージを chroot/root/packages/ の下にコピーしているのでほぼ回避できません。というより回避すると作成するisoにパッケージファイルが入らなくなりそうです。
 
b)は、lb_chroot_archives の最初のほうで Read_conffiles して一連の設定ファイルを読み込み、その次の行の Set_defaults で ${LB_APT_SECURE}が設定されていないと true に設定されます。
設定ファイル次第のところはあるのですが、${LB_APT_SECURE}=true で動くのがデフォルト動作に見えます。
 
c)は、cache/local-package-keyring.* がないがために例の gpg を使って鍵生成しているのが現状なので、事前に鍵を配置しておけば回避出来ます。
ただ、なんの鍵を配置しておけばいいのかがはっきりしません。
 
あまり役に立たない情報で申し訳ないのですが、lb_chroot_archivesのトレース出力を見た結果は以上です。
 
それから、以下は一つ前の#6に書かれていたことへのコメントです。
 
4) ubuntu-defaults-image内の変数$SUDOの設定
 

sasaming による投稿:

ubuntu-defaults-imageで指定する環境変数$SUDOが、sudoであれば問題なく通るのですが、envだとうまく行かないと推定しています。

ubuntu-defaults-image内の、変数$SUDOの設定は下記のようになっています。

コード:

if [ "$(id -u)" = 0 ]; then
    SUDO=env
else
    SUDO=sudo
fi

この部分のロジックは下記のようになっています。
・"id -u"で取得したUIDの値が0である=ユーザーがrootである → SUOD=env
・それ以外 → SUDO=sudo
 
ご存知と思いますが、sudoはその後に続くコマンドをroot権限で実行します。一方、envはその後に続くコマンドを現在のユーザーの権限で実行します。またsudoでもenvでも追加すべき環境変数があればそれを指定出来ます。
その上で、左記のロジックでどのようなことになるかと言うと、ubuntu-defaults-imageを起動したユーザーがrootであったり、sudo ubuntu-defaults-imageで実行している場合は、$sudoの登場箇所ではenvを使ってrootユーザー権限で実行するようにするし、それ以外の一般ユーザーのままでsudoを使わずにubuntu-defaults-imageを起動している場合は、$sudoの登場箇所ではsudoを使ってrootユーザー権限に昇格させるようになります。
(混乱するかも知れませんが、rootユーザー(相当)で起動すると$SUDO=env、一般ユーザーで起動すると$SUDO=sudoです。一見反対のように見えますが、常にroot権限になるようしているのでこれで合っています)
 
つまり、ubuntu-defaults-imageをrootで起動する/一般ユーザーで起動するに関係無く、root権限が必要な箇所ではroot権限で実行させるようになっているということです。
 
従って、$SUDO=envになっている時は本来ならrootユーザー(相当)で起動しているはずですから、凡そ出来ないことはないはずなので処理を失敗することもないはずです。
逆に$SUDO=sudoになっていた場合は、sudoコマンドでroot権限への昇格させられますから、やはり権限不足で処理が失敗することはないはずです。
 
また、ubuntu-defaults-imageの最後の行「DISPLAY= $SUDO PROJECT="$FLAVOR" ARCH="$ARCH" lb build」を実行すると、この時のユーザー権限をそのまま継承し、それ以降に呼び出されるlb_*形式のスクリプトを実行していきます。
従って、この時点の$SUDO=envであるならroot権限で"lb build"は実行されますし、$SUDO=sudoであるならsudoでroot権限を取得して"lb build"は実行されます。
いずれにしろ、lb build以後のスクリプトは全てroot権限で動くことになります。
 
 
以上です。

オフライン

 

#9 2019-04-14 15:20:44

sasaming
メンバ
登録日: 2007-11-13

Re: Ubuntu 18.04でubuntu-defaults-builderが途中で止まる

本当にありがとうございます。
なんとかキャッチアップしていこうと、久しぶりに改めてLinuxの教科書を参照している次第です。

まず、3)で頂いたご質問ですが、ubuntu-defaults-imageを実行する前は、ワーキングディレクトリには、chrootのディレクトリ自体が存在しません。
従って、ファイルをどこかから持ってくること自体ができないようになっています。
また、ubuntu-defaults-imageの実行後に、chrootディレクトリが作成されていますが、中身を触ったことはありません。

ちょっと気になっているのが、/usr/lib/live/build/lb chroot_archivesと、 /usr/share/live/build/functions/以下にあるコマンド(chroot.shを含む)の更新日が、2018-06-27になっていることです。
そこで、作業用パソコンにUbuntu Studio 16.04をインストールして、ubuntu-defaults-builder(0.55)を導入し、問題なく実行できた環境のlb chroot_archivesとchroot.shを見に行ってみようと思います。
(Ubuntu 18.04におけるubuntu-defaults-builderのバージョンは0.57です)
状況がわかりましたら、改めて投稿させて頂きます。

引き続き宜しくお願い申し上げます。

オフライン

 

#10 2019-04-14 20:01:41

sasaming
メンバ
登録日: 2007-11-13

Re: Ubuntu 18.04でubuntu-defaults-builderが途中で止まる

度々申し訳ありません。
ubuntu-defaults-builder(0.55)におけるlb chroot_archivesとchroot.shのスクリプトを見てみたのですが、ubuntu-defaults-builder(0.57)におけるそれらと全く変わりありませんでした。
Ubuntu Studio 16.04の環境でubuntu-defaults-builder(0.55)を走らせてみたのですが、特にエラーも出ず、スムースに走っております。
本当に丁寧にいろいろご指導頂き、心より御礼申し上げます。

オフライン

 

#11 2019-04-27 13:09:42

sasaming
メンバ
登録日: 2007-11-13

Re: Ubuntu 18.04でubuntu-defaults-builderが途中で止まる

時間を置いてしまい申し訳ありません。
試しにUbuntu Studio 16.04の環境でubuntu-defaults-builder(0.55)を走らせ正常に動作したlogと、18.04の環境でubuntu-defaults-builder(0.57)を走らせエラーが出たlogを比較してみました。
16.04-0.55の環境だと、/usr/lib/live/build/lb chroot_archivesの385行目で、cache/local-package-keyring.pubとcache/local-package-keyring.secが見つかって、正常に走っているのですが、18.04-0.57の環境ではこれらのファイルが見つからず、399行目の%commit" | Chroot chroot "gpg --batch --gen-key" || _LB_RET=${?}でエラーがでてしまっているようです。
つまり、どこかでcache/local-package-keyring.pubとcache/local-package-keyring.secを作ってあげるといいのでしょうか?
度々申し訳ありません。

オフライン

 

#12 2019-04-27 15:43:18

kznj
メンバ
登録日: 2013-12-03

Re: Ubuntu 18.04でubuntu-defaults-builderが途中で止まる

1) 事前鍵生成
 
事前鍵生成の件は、#8の段階で当方もちょっと触れていたんですが、当時具体的にどういう鍵を生成していいかわかりませんでした。

kznj による投稿:

c)は、cache/local-package-keyring.* がないがために例の gpg を使って鍵生成しているのが現状なので、事前に鍵を配置しておけば回避出来ます。
ただ、なんの鍵を配置しておけばいいのかがはっきりしません。

 
その後で、下記のコードにおいて「鍵が無いから(else節に入って)gpgで鍵生成している」のだから、else 節で実行される「gpgの鍵生成を事前に実行しておけばいいのでは?」と思って実験してあります。

コード:

    if Find_files cache/local-package-keyring.*
    then
        cp cache/local-package-keyring.* chroot/root
    else
        # Generate temporary key
        echo "Key-Type: RSA
              Key-Length: 1024
              Subkey-Type: ELG-E
              Subkey-Length: 1024
              Name-Real: live-build local packages key
              Name-Email: ${_LB_LOCAL_KEY_EMAIL}
              Expire-Date: 0
              %secring /root/local-package-keyring.sec
              %pubring /root/local-package-keyring.pub
              %commit" | Chroot chroot "gpg --batch --gen-key" || _LB_RET=${?}
        case "${_LB_RET}" in
            ""|2)
                # Gnupg sometimes seems to return with a status of 2 when there was not
                # enough entropy (and key creation blocks temporarily) even if the
                # operation was ultimately successful.
                ;;
            *)
                Echo_error "GPG exited with error status %s" "${_LB_RET}"
                exit ${_LB_RET}
                ;;
        esac

        # Save keyrings to avoid regeneration
        cp chroot/root/local-package-keyring.* cache/
    fi

 
具体的には、else節のgpgの鍵生成の部分を抜き出した下記のコードを実行すれば、ディレクトリ cache の下に local-package-keyring.sec と local-package-keyring.pub が生成されます。その結果鍵が存在することになるので、前述の else 節は実行されずに、then 節の"cp cache/local-package-keyring.* chroot/root"が実行されます。

コード:

#!/bin/bash

keyStore=cache
keySec=local-package-keyring.sec
keyPub=local-package-keyring.pub
SUDO=sudo
_LB_LOCAL_KEY_EMAIL="live-build-local-key@invalid"  # _LB_LOCAL_KEY_EMAILは、lb_chroot_archivesの最初のほうで定義されている

echo "Key-Type: RSA 
      Key-Length: 1024 
      Subkey-Type: ELG-E 
      Subkey-Length: 1024 
      Name-Real: live-build local packages key 
      Name-Email: ${_LB_LOCAL_KEY_EMAIL} 
      Expire-Date: 0 
      %secring ${keyStore}/${keySec} 
      %pubring ${keyStore}/${keyPub} 
      %commit" | ${SUDO} gpg -v --batch --gen-key

if [ $? -eq 0 ]; then
    echo "success"
else
    echo "faile:${?}"
fi

 
ただし、これで回避出来るのは、この箇所にあるelse節の実行だけです。
この後に、Chroot chroot "gpg〜〜" という文が下記のように2つほど(lb_chroot_arvhives418行目〜)在ります。この箇所は if 等の条件が付いておらず迂回出来ません。
そのため「"gpg"が見つからない」というエラーが避けられません。

コード:

    # Sign release
    Chroot chroot "gpg --no-default-keyring --secret-keyring /root/local-package-keyring.sec \
            --keyring /root/local-package-keyring.pub -abs -o \
            /root/packages/Release.gpg /root/packages/Release"

    # Import key
        Chroot chroot "gpg --no-default-keyring --secret-keyring /root/local-package-keyring.sec \
            --keyring /root/local-package-keyring.pub --armor \
            --export ${_LB_LOCAL_KEY_EMAIL}" | Chroot chroot "apt-key add -"

 
つまり、gpg はどうしても必要であって、ディレクトリ chroot 内にインストールされていることは必須条件です。
 
 
それから、16.04でうまく動いたようなのですが、以下をご確認されたほうがいいかと思います。
 
2) --release RELEASE の指定

sasaming による投稿:

Ubuntu Studio 16.04の環境でubuntu-defaults-builder(0.55)を走らせてみたのですが、特にエラーも出ず、スムースに走っております。

16.04の環境で"--release bionic"の指定をして ubuntu-defaults-image を実行したのでしょうか?
 
#2のご説明は18.04環境なので"--release"指定はされてなかったですし、そもそも不要でubuntu-defaults-imageを動かしたubuntuのリリースと同じと内部的に扱われ"--release bionic"が指定されたように動きます。

sasaming による投稿:

sh ./ubuntu-defaults-image --package ubuntu-defaults-audio_0.1_all.deb --components main,restricted,universe,multiverse

 
しかし、もし16.04の環境において"--release bionic"の指定をされていなかったのなら、binnary.logを確認したほうがいいかと思います。
"--release"指定を明示しない場合は、ubuntu-defaults-imageを動かしたubuntuのリリースと同じと解釈されるので、おそらくパッケージの取得において、下記のように16.04のxenialに対応したものを取りに行っていると推測されます。

Get:1128 http://archive.ubuntu.com/ubuntu xenial/main amd64 libabw-0.1-1v5 amd64 0.1.1-2ubuntu2 [81.0 kB]
Get:1129 http://archive.ubuntu.com/ubuntu xenial-updates/main amd64 libqt5xml5 amd64 5.5.1+dfsg-16ubuntu7.5 [91.8 kB]
Get:1130 http://security.ubuntu.com/ubuntu xenial-security/main amd64 xdg-utils all 1.1.1-1ubuntu1.16.04.3 [59.6 kB]
Get:1131 http://archive.ubuntu.com/ubuntu xenial/main amd64 libaccounts-qt5-1 amd64 1.14+16.04.20151106.1-0ubuntu1 [32.4 kB]
Get:1132 http://security.ubuntu.com/ubuntu xenial-security/main amd64 thunderbird amd64 1:60.6.1+build2-0ubuntu0.16.04.1 [40.3 MB]

 
といっても、パッケージそのものはバージョン数値で直線的/連続的に管理されていますから、bionic(18.04)版とxenial(16.04)版という区切りがあるわけでは無く、xenial(16.04)指定で取ったパッケージがbionic(18.04)で使えないわけでありません。
ただ、本来はxenial(16.04)向けであるが故に、bionic(18.04)向けとしては古いものになります。
質問者の作成されたパッケージ"ubuntu-defaults-audio_0.1_all.deb"が依存関係(他のパッケージに特定のバージョンを期待する)を持っているので、それに対応して一部のパッケージは新しいバージョンを再取得して引き上げられると思いますが、それから漏れるものはxenial(16.04)向けのバージョンのままになってしまうのではないでしょうか?
 
また、作成したisoを使ってインストールする時、/etc/os-release もインストール対象になるはずです。このファイルには下記のような情報が書かれていて"lsb_release -a"コマンドで表示する元の情報になっているようです。

コード:

NAME="Ubuntu"
VERSION="16.04.6 LTS (Xenial Xerus)"
ID=ubuntu
ID_LIKE=debian
PRETTY_NAME="Ubuntu 16.04.6 LTS"
VERSION_ID="16.04"
HOME_URL="http://www.ubuntu.com/"
SUPPORT_URL="http://help.ubuntu.com/"
BUG_REPORT_URL="http://bugs.launchpad.net/ubuntu/"
VERSION_CODENAME=xenial
UBUNTU_CODENAME=xenial

 
ubuntu-defaults-imageを実行して出来たディレクトリ"chroot"の中の etc/os-release が作成されるisoの中に入るはずですから、それが意図した記述になっているかを確認したほうがいいでしょう。
 
 
以上です。

オフライン

 

#13 2019-04-27 20:39:25

sasaming
メンバ
登録日: 2007-11-13

Re: Ubuntu 18.04でubuntu-defaults-builderが途中で止まる

早速のアドバイス、本当にありがとうございます。

まず、Ubuntu Studio 16.04の環境でubuntu-defaults-builder(0.55)を走らせていますが、あくまでも16.04のisoを生成することを目的にしており、--release bionicの指定はしておりません。(そんな裏ワザがあったのですね)

Ubuntu Studio16.04におけるubuntu-defaults-builde0.55実行時と18.04における0.57実行時のlogの比較作業をしてみたいと思います。
度々で申し訳ありませんが、追ってご報告させて頂きますので、お時間を頂ければ幸いです。

引き続き宜しくお願い申し上げます。

オフライン

 

#14 2019-04-28 16:24:07

kznj
メンバ
登録日: 2013-12-03

Re: Ubuntu 18.04でubuntu-defaults-builderが途中で止まる

情報の出し惜しみをした分けではないのですが、次の2つについては調査は出来ています。
・ubuntu-defaults-imageの18.04版と16.04版の動きの違い・・・なぜ16.04ではうまく動くか
・18.04で gpg がディレクトリchrootに入らない理由
 
ただ、原因は分かっているんですが解決出来ていません。
そんなところもあるのですが、調べた結果をお伝えしておきます。
 
 
1) ubuntu-defaults-imageの18.04版と16.04版の動きの違い・・・なぜ16.04ではうまく動くか
 
当方も18.04と16.04の環境をKVMの仮想マシンで構築してそれぞれでubuntu-defaults-imageの動きを見てみました(--package に指定する.debファイルは既にインストールしていて /var/cache/apt/archives にあるものを適当に選んでコピーして使いました)。
見事に18.04ではubuntu-defaults-imageが動きません(笑)
 
その後、両者の ディレクトリ"chroot" の状態を確認してみました。/usr/bin が gpg があるべき場所で、chrootする前の状態だと chroot/usr/bin に gpg があるので、chroot/usr/bin で ls -la gp* を取ってみました。

コード:

【18.04(BionicBeaver)】
bionicbeaver@bionicbeaver:~/localTemp/udb/chroot/usr/bin$ ls -la gp*
-rwsr-xr-x 1 root root  75824  1月 26  2018 gpasswd
-rwxr-xr-x 1 root root 437264  1月 11  2018 gpgv

コード:

【16.04(Xenialxerus)】
xenialxerus@xenialxerus:~/localTemp/udb/chroot/usr/bin$ ls -la gp*
-rwsr-xr-x 1 root root   75304  5月 17  2017 gpasswd
-rwxr-xr-x 1 root root 1008632  8月  6  2018 gpg
-rwxr-xr-x 1 root root   60296  8月  6  2018 gpgsplit
-rwxr-xr-x 1 root root  372488  8月  6  2018 gpgv
-rwxr-xr-x 1 root root    3303  8月  6  2018 gpg-zip

16.04(Xenialxerus)だと gpg があります。ですから、#8 の「2) 問題のメッセージの直接の原因」に書いた状況にはなりません。
 
 
2) 18.04で gpg がディレクトリchrootに入らない理由
 
簡単にいうと、ディレクトリ"chroot"配下を作成する時に、パッケージgpg(正確にはgnupg_x.y.zz-Nubuntum_xxxx.deb)が取得されないからです。
 
chroot配下のディレクトリは、スクリプトlb_buildから、lb_bootstarp → lb bootstrap_debootstrap と呼び出していって、最終的には スクリプトdebootstrap(/usr/sbin/debootstrap)というのを使って作成されます。
この debootstrap がディレクトリ"chroot"の下のvar/cache/apt/archivesにパッケージをダウンロードして展開・インストールすることで、ディレクトリ"chroot"配下を作り上げます。
(この時、ダウンロードはコマンドchrootの実行無しでファイルを取得しますが、展開とインストールはコマンドchrootを実行しているので、ディレクトリ"chroot"を"/"見做してインストールされます)
このダウンロードして展開・インストールされるパッケージの中に gpg が入っていません。
 
ディレクトリ"chroot"の下のvar/cache/apt/archives/の下はインストールまで終わると削除されてしまいますが、ubuntu-defaults-imageを何回か実行することを想定して、ディレクトリcache/packages.bootstrapの下に保存されています。
xenial(16.04)と、bionic(18.04)で、cache/packages.bootstrapの下の"ls -la | grep pg"を取ると次のようになっていました。

コード:

xenialxerus@xenialxerus:~/localTemp/udb/cache/packages.bootstrap$ ls -la | grep pg
-rw-r--r-- 1 root root  625630  4月 15 23:22 gnupg_1.4.20-1ubuntu3_amd64.deb
-rw-r--r-- 1 root root  165282  4月 15 23:22 gpgv_1.4.20-1ubuntu3_amd64.deb
-rw-r--r-- 1 root root   34450  4月 15 23:22 libgpg-error0_1.21-2ubuntu1_amd64.deb
xenialxerus@xenialxerus:~/localTemp/udb/cache/packages.bootstrap$

コード:

bionicbeaver@bionicbeaver:~/localTemp/udb/cache/packages.bootstrap$ ls -la | grep pg
-rw-r--r-- 1 root         root          196324 Apr 15 20:21 gpgv_2.2.4-1ubuntu1_amd64.deb
-rw-r--r-- 1 root         root           38004 Apr 15 20:21 libgpg-error0_1.27-6_amd64.deb
bionicbeaver@bionicbeaver:~/localTemp/udb/cache/packages.bootstrap$

パッケージ gpg(gnupg) が入っていないbionic(18.04)の状況では、chroot配下には gpg(gnupg)はインストールされません。
 
 
では、なぜbionic(18.04)でパッケージgpg(gnupg)が取得されないでしょうか?
 
その理由は、落としてくるパッケージが配置されているサイト(http://archive.ubuntu.com/ubuntu)上に、リリース対応のパッケージ一覧を定義しているファイルがあるのですが、bionic(18.04)用とxenial(16.04)用で、このファイルの中の gpg(gnupg)に関する定義が異なるためです。
a) bionic(18.04) http://archive.ubuntu.com/ubuntu/dists/bionic/main/binary-amd64/Packages.gz
b) xenial(16.04) http://archive.ubuntu.com/ubuntu/dists/xenial/main/binary-amd64/Packages.gz
 
両方ともgz(サイトの同じディレクトリにxz形式も在り)でアーカイブされているので解凍し、gpg(gnupg)の箇所を見てみると、"Priority:"が、Bionic(18.04)では"optional"ですが、Xenial(16.04)では"important"です。
a) bionic(18.04)

Package: gnupg
Architecture: amd64
Version: 2.2.4-1ubuntu1
Multi-Arch: foreign
Priority: optional   ※
Section: utils
Source: gnupg2
Origin: Ubuntu

b) xenial(16.04) 

Package: gnupg
Priority: important  ※
Section: utils
Installed-Size: 1680
Maintainer: Ubuntu Developers <ubuntu-devel-discuss@lists.ubuntu.com>
Original-Maintainer: Debian GnuPG-Maintainers <pkg-gnupg-maint@lists.alioth.debian.org>
Architecture: amd64
Version: 1.4.20-1ubuntu3

このせいでBionic(18.04)ではgpg(gnupg)が、ディレクトリ"chroot"にインストールするパッケージとしてダウンロードされません。
 
なぜそうなってしまうかというと、最初に書いたスクリプトdebootstrap(/usr/sbin/debootstrap)がインストール対象としているのが、下記の条件を満たすパッケージだけになっているからです。
・Priority: important
・Priority: required
・(条件によっては)パッケージbinutils、パッケージapt-transport-https、パッケージca-certificates
 
これは、optionalまで入れるとubuntu-defaults-imageで作成するisoイメージの容量が肥大化する(インストールされるパッケージ数が多くなり過ぎる)を防ぐためと思われるので仕方ありません。
 
 
3) 対処方法
 
いろいろ試してはみたんですが、根本的な対処方法は見つかっていません。
ubunutu-defaults-imageの動作に関して下記のように複数の問題がある(=一筋縄ではいかない)ことを考慮すると、あれこれ独自に試みをせずに、他の派生distroの18.04版を作成している人にアドバイスを受けたほうがいいかも知れないと思いはじめています。
・syslinux-themes-ubuntu-bionicが存在していない
・パッケージgnupgが、ディレクトリchroot内にインストールされない(Priority: optional)
・パッケージgnupgをインストールしても動かない(※この部分は後述します)
 
以上の問題がubuntu-defaults-imageとして一般的であるなら、派生distroの18.04版を作成している人は既に対処をして派生distroを作成・公開しているはずですから、なんらかのノウハウを持っています。
仮に派生distroの作成時に同じトラブルが起きていないとしても、isoイメージを作成している方だけに当方などが調べるよりはずっと有益なアドバイスが得られると思います。
 
一番アドバイスをお願いしやすいのは、ubuntu 日本語 Remixを作成公開している Ubuntu Japanese Team ではないでしょうか?
 ubuntu-jp -- Ubuntu Japanese Local Community Team メーリングリスト
 ubuntu-jp メーリングリスト 保存書庫
(※ こちらの記事 [ubuntu-jp:5969] Ubuntu 18.04 LTS 日本語 Remix リリース の小林さんが Ubuntu Japanese Team のリーダーのはずです)
 
 
なお、以下を対処方法として試してましたが有効ではありませんでした。
a)設定ファイル(config/bootstrap)の設定項目LB_BOOTSTRAP_INCLUDEにgnupgを指定して、ディレクトリchrootへ強制的にgnupgをインストールさせる
b)パッケージのキャッシュ(ディレクトリcache/packages.bootstrapの配下)に、後からgnupgのバッケージを入れて、それと同期させる形でgnupgをインストールさせる
 
a)に関しては次の結果で終わりました。

        :
[2019-04-21 09:22:20] lb_chroot_archives chroot install
P: Configuring file /etc/apt/sources.list
Get:1 http://security.ubuntu.com/ubuntu bionic-security InRelease [88.7 kB]
Hit:2 http://archive.ubuntu.com/ubuntu bionic InRelease
Get:3 http://archive.ubuntu.com/ubuntu bionic-updates InRelease [88.7 kB]
Get:4 http://security.ubuntu.com/ubuntu bionic-security/main amd64 Packages [320 kB]
Get:5 http://archive.ubuntu.com/ubuntu bionic/main Translation-en [516 kB]
Get:6 http://security.ubuntu.com/ubuntu bionic-security/main Translation-en [115 kB]
Get:7 http://security.ubuntu.com/ubuntu bionic-security/restricted amd64 Packages [4296 B]
Get:8 http://security.ubuntu.com/ubuntu bionic-security/restricted Translation-en [2192 B]
Get:9 http://archive.ubuntu.com/ubuntu bionic/restricted Translation-en [3584 B]
Get:10 http://archive.ubuntu.com/ubuntu bionic-updates/main amd64 Packages [578 kB]
Get:11 http://archive.ubuntu.com/ubuntu bionic-updates/main Translation-en [214 kB]
Get:12 http://archive.ubuntu.com/ubuntu bionic-updates/restricted amd64 Packages [6996 B]
Get:13 http://archive.ubuntu.com/ubuntu bionic-updates/restricted Translation-en [3076 B]
Fetched 1941 kB in 6s (308 kB/s)
Reading package lists... Done
gpg: WARNING: unsafe permissions on homedir '/root/.gnupg'
gpg: keybox '/root/.gnupg/pubring.kbx' created
gpg: agent_genkey failed: Inappropriate ioctl for device
gpg: key generation failed: Inappropriate ioctl for device
gpg: WARNING: unsafe permissions on homedir '/root/.gnupg'
gpg: no default secret key: No secret key
gpg: signing failed: No secret key
P: Begin unmounting filesystems...

 
うまくいかない場合のログ(binary.log)は以下ですから、それよりは先に進んでいます。

[2019-04-21 08:30:20] lb_chroot_archives chroot install
P: Configuring file /etc/apt/sources.list
Hit:1 http://archive.ubuntu.com/ubuntu bionic InRelease
Get:2 http://security.ubuntu.com/ubuntu bionic-security InRelease [88.7 kB]
Get:3 http://archive.ubuntu.com/ubuntu bionic-updates InRelease [88.7 kB]
Get:4 http://archive.ubuntu.com/ubuntu bionic-updates/main amd64 Packages [578 kB]
Fetched 756 kB in 4s (194 kB/s)
Reading package lists...
/usr/bin/env: 'gpg': No such file or directory
E: GPG exited with error status 127
P: Begin unmounting filesystems...
P: Saving caches...

 
ただ、どうもまだgpgの何らかの動作に問題があるようでうまく行きません。
ディレクトリchrootの中の root の状況からすると、下記のようにファイルlocal-package-keyring.pub が残っているので、スクリプト lb_chroot_archives の428行、429行のコマンドrmの箇所までは実行されていません。

コード:

root@BionicBeaver:/home/bionicbeaver/localTemp/udb2/chroot/root# ls -la
total 24
drwx------  4 root root 4096 Apr 21 09:22 .
drwxr-xr-x 21 root root 4096 Apr 21 09:22 ..
-rw-r--r--  1 root root 3106 Apr  9  2018 .bashrc
drwxr-xr-x  3 root root 4096 Apr 21 09:31 .gnupg
-rw-r--r--  1 root root    0 Apr 21 09:22 local-package-keyring.pub
drwxr-xr-x  2 root root 4096 Apr 21 09:22 packages
-rw-r--r--  1 root root  148 Aug 18  2015 .profile

 
コマンドrmの直前にある、2つの Chroot chroot "gpg〜〜" のどちらかで問題が起きているようで、メッセージ"gpg: signing failed: No secret key"からすると1つ目の"# Sign release"の方の gpg だと思われます。
また、ディレクトリchrootの中の root にlocal-package-keyring.sec (秘密鍵) が無いことから、そもそも389行目の"# Generate temporary key"から始まる鍵の生成自体も失敗しているようです(なぜエラーを返さないかは疑問ではありますが……)。
 
b)の方法のパッケージ gnupg をファイルとして追加するほうは、それだけではインストールはされませんでした。
これは、スクリプトdebootstrap(/usr/sbin/debootstrap)が、ダウンロード対象として作成したパッケージのリストに基づいて、その後の展開・インストールを行っているためと思われます。
キャッシュ(ディレクトリcache/packages.bootstrapの配下)にパッケージgnupgのファイルを追加しておいて、そこからディレクトリ"chroot"の下のvar/cache/apt/archives/ にコピーされていても、スクリプト debootstrap は展開・インストールの対象として認識しません。
 
 
【補足】設定ファイル(config/bootstrap)の設定項目LB_BOOTSTRAP_INCLUDEにgnupgを指定して、ディレクトリchrootへ強制的にgnupgをインストールさせる方法
 
この方法の要点は以下の2つです。
a) 設定ファイル(config/bootstrap)の設定項目LB_BOOTSTRAP_INCLUDEにgnupgを記述する  LB_BOOTSTRAP_INCLUDE="gnupg"
b) ディレクトリ config 配下が初期化されないように、ディレクトリ auto 配下に生成されるシンボリックリンクを抑止する
 
a)の config/bootstrap の該当箇所の記述は以下の通りです。

# $LB_BOOTSTRAP_INCLUDE: include packages on base
# (Default: empty)
LB_BOOTSTRAP_INCLUDE="gnupg"

 
b)は、ディレクトリ auto 配下にある既存のシンボリックリンクをunlinkしてください。
その上で、スクリプト ubuntu-defaults-image の201行目辺りの以下の箇所の各行に#をつけてコメントにします。

#mkdir -p auto
#for f in config build clean; do
#    ln -s "/usr/share/livecd-rootfs/live-build/auto/$f" auto/
#done
#$SUDO lb clean

直前の"rm -rf auto"はコメントにしなくても、スクリプト lb_*** の様々なところで"mkdir -p auto"が走るので問題にはなりません。
 
シンボリックリンク先のディレクトリ /usr/share/livecd-rootfs/live-build/auto/ の配下のファイルを見ていただくとわかりますが、clean や configは "rm -rf config"で、ディレクトリ config 配下を初期化してしまいます。
スクリプト lb_*** の中に「ディレクトリ auto 配下にこのシンボリックリンクが存在したら実行する」という記述が複数箇所にあるので、a)で手を加えた設定ファイル(config/bootstrap)が初期化されないように、ディレクトリ auto 配下にはなにもない状態にします。
 
以上の2つの仕掛けをしたら、config"以外"のディレクトリを全て消してから、スクリプト ubuntu-defaults-image (ローカルにあるもの)を実行すれば、一応ではありますがパッケージ gnupg はchroot側にインストールされるはずです。
 
 
以上です。

オフライン

 

#15 2019-04-28 21:00:49

sasaming
メンバ
登録日: 2007-11-13

Re: Ubuntu 18.04でubuntu-defaults-builderが途中で止まる

linux初心者に産毛が生えた程度の小生に、親身のアドバイスを頂き、本当にありがとうございます。
頂いたアドバイスの解読に時間がかかっておりますことを心よりお詫び申し上げます。

正直、小生のパソコンの環境が影響している可能性もあると思っていましたので、いろいろシミュレーション頂いて小生と同じ事象が発生していることを知り、心強い限りです。

ご指摘のとおり、Ubuntu Japanese Teamの方々にアドバイスを頂くのが最適解だと思います。
Ubuntu18.10の日本語Remixが公開されていることから推察すると、何らかのノウハウをお持ちのはずです。
勇気を振り絞ってメールしてみます。
解決策が判明しましたら、このフォーラムで公開させて頂きます。

心より御礼申し上げます。

オフライン

 

#16 2019-05-06 12:43:02

sasaming
メンバ
登録日: 2007-11-13

Re: Ubuntu 18.04でubuntu-defaults-builderが途中で止まる

ご無沙汰しております。
前回の投稿後、Ubuntu Japanese Teamの小林様にご相談のメールをお送りしたところ、速攻でお返事を頂きました。
この場を借りて心より御礼申し上げます。

結論から言うと、Ubuntu-Defaults-Builder0.57のバグとのことで、小林さんのアドバイスに沿って、以下の手順により、Ubuntu Studio 18.04のPCオーディオ版を作成することができました。

1)/usr/bin/ubuntu-defaults-imageの修正
194行目→194,195行目
<     $SUDO apt-get -y install syslinux-themes-ubuntu syslinux-themes-ubuntu-$SUITE gfxboot-theme-ubuntu memtest86+ syslinux || exit 1
---
>     #$SUDO apt-get -y install syslinux-themes-ubuntu syslinux-themes-ubuntu-$SUITE gfxboot-theme-ubuntu memtest86+ syslinux || exit 1
>     $SUDO apt-get -y install syslinux-themes-ubuntu syslinux-themes-ubuntu-xenial gfxboot-theme-ubuntu memtest86+ syslinux || exit 1
216行目→217,218行目
< sed -i "s/^\\(LB_SYSLINUX_THEME=\\).*/\\1\"ubuntu-$SUITE\"/" config/binary
---
> #sed -i "s/^\\(LB_SYSLINUX_THEME=\\).*/\\1\"ubuntu-$SUITE\"/" config/binary
> sed -i "s/^\\(LB_SYSLINUX_THEME=\\).*/\\1\"ubuntu-xenial\"/" config/binary
241c243
< sed -i 's/^LB_INITRAMFS_COMPRESSION="lzma"/LB_INITRAMFS_COMPRESSION="gzip"/' config/common
---
> #sed -i 's/^LB_INITRAMFS_COMPRESSION="lzma"/LB_INITRAMFS_COMPRESSION="gzip"/' config/common
267〜269行目→269〜274行目
<     echo "\$0: Renaming initramfs to initrd.lz..."
<     zcat binary/casper/initrd.img-* | lzma -c > binary/casper/initrd.lz
<     rm binary/casper/initrd.img-*
---
>     #ls -l binary/casper/
>     #echo "\$0: Renaming initramfs to initrd.lz..."
>     #zcat binary/casper/initrd.img-* | lzma -c > binary/casper/initrd.lz
>     echo 'binary/casper/initrd.lz NOT FOUND'
>     ls -l binary/casper/
>     #rm binary/casper/initrd.img-*

2)/usr/share/live/build/functions/wrapper.shを以下のように修正
18行目→18行目
<             Chroot ${CHROOT} apt-get ${APT_OPTIONS} ${@}
---
>       Chroot ${CHROOT} apt-get ${APT_OPTIONS} -o Acquire::AllowInsecureRepositories=true --allow-unauthenticated ${@}

3)/usr/share/ubuntu-defaults-builder/language-support-hookを以下のように修正
46行目のあとに以下を追加
> $TEST apt-get -y -q purge hunspell-fr-classical ibus-hangul ibus-table ibus-m17n ibus-table-cangjie-big ibus-unikey
56行目のあとに以下を追加
>     echo $pkgs
>     pkgs=`echo "$pkgs" | xargs -n1 | grep -v ^fcitx` || true
>     echo $pkgs

4)/usr/lib/live/build/lb_chroot_hacksを以下のように修正
191〜192行目→191〜196行目
<     Chroot chroot "${UPDATE_INITRAMFS_OPTIONS} update-initramfs -k all -t -u"
<     rm -f chroot//etc/initramfs-tools/conf.d/live-build.conf
---
>     #Chroot chroot "${UPDATE_INITRAMFS_OPTIONS} update-initramfs -k all -t -u"
>   Chroot chroot "${UPDATE_INITRAMFS_OPTIONS} update-initramfs -k all -t -u -v"
>   echo '---'
>   cat chroot//etc/initramfs-tools/conf.d/live-build.conf
>   echo '---'
>   rm -f chroot//etc/initramfs-tools/conf.d/live-build.conf

5)ubuntu-defaults-imageの実行
LB_APT_SECURE="false" APT_OPTIONS="--allow-unauthenticated" ubuntu-defaults-image --package ubuntu-audio-jp_0.1ubuntu3_all.deb --release bionic --components main,restricted,universe,multiverse

6)ワーキングディレクトリ内のファイルのリネーム
cd binary/casper/
sudo mv initrd.img-*-lowlatency initrd.lz

7)ワーキングディレクトリ内にmd5sum.txtを作成
cd binary/
sudo chmod -R +r .
sudo find . -type f -exec md5sum {} \; | grep -v isolinux | grep -v md5sum.txt | sudo tee md5sum.txt

8)ワーキングディレクトリにてxorrisoを実行
cd ../
sudo xorriso \
-as mkisofs \
-volid "Ubuntu Audio 1804 ja amd64" \
-o ubuntu-audio-ja-1804-amd64-`date '+%Y%m%d'`.iso \
-rock -omit-version-number -disable-deep-relocation -joliet \
-isohybrid-mbr /usr/lib/ISOLINUX/isohdpfx.bin \
-c isolinux/boot.cat \
-b isolinux/isolinux.bin \
    -no-emul-boot -boot-load-size 4 -boot-info-table \
-eltorito-alt-boot \
    -no-emul-boot \
    -isohybrid-gpt-basdat \
    -isohybrid-apm-hfsplus \
binary/

平成にアドバイスを頂いていたのですが、micro-httpdが動作しない、作成したisoファイルの中身の修正の方法がわからない等の障害があり、時間がかかってしまいました。
心よりお詫び申し上げます。

何とかここまで来れたのも、初心者の小生に親身のアドバイスを頂き、背中を押していただいた皆様のお陰です。
本当にありがとうございました。

オフライン

 

#17 2019-05-08 19:37:59

kznj
メンバ
登録日: 2013-12-03

Re: Ubuntu 18.04でubuntu-defaults-builderが途中で止まる

sasaming による投稿:

結論から言うと、Ubuntu-Defaults-Builder0.57のバグとのことで、小林さんのアドバイスに沿って、以下の手順により、Ubuntu Studio 18.04のPCオーディオ版を作成することができました。

バグでしたか……それではオプションの追加のレベルで対応出来ないはずですね。
 
小林さんからいただいた修正点を解説してみようかと思ったのですが、ちょっと不案内な部分も含まれているので、分かる範囲で以下要点だけ
a) syslinux-themes-ubuntu-bionicが存在しない問題 → syslinux-themes-ubuntu-xenial に固定することで回避
b) gpg問題 → ubuntu-defaults-image 実行時のオプション LB_APT_SECURE="false" で回避
c) その他 → ubuntu-defaults-image 単体ではisoイメージ作成までは至らないので、後続に手動でisoイメージ用に構築されたファイルシステムをisoイメージに変換
 
b)について補足すると、当方 #8の「3) 対処方法」で下記の言及をして「この点からの対処は無理そう」とか言ってたんですが、まさにその対処方法を採用されていて LB_APT_SECURE="false" を実行時オプションで指定しています。

kznj による投稿:

b) ${LB_APT_SECURE}が"true"である
      :
b)は、lb_chroot_archives の最初のほうで Read_conffiles して一連の設定ファイルを読み込み、その次の行の Set_defaults で ${LB_APT_SECURE}が設定されていないと true に設定されます。
設定ファイル次第のところはあるのですが、${LB_APT_SECURE}=true で動くのがデフォルト動作に見えます

この指定により、例の gpg が動くことになっているブロックを全面的にスキップさせているようです。
 
 
以上です。

オフライン

 

#18 2019-05-08 22:09:16

sasaming
メンバ
登録日: 2007-11-13

Re: Ubuntu 18.04でubuntu-defaults-builderが途中で止まる

本当にありがとうございます。

なるほど、LB_APT_SECURE="false"でgpgの問題を回避していたのですね。

実は、ubuntu-defaults-imageを実行すると、とりあえずisoイメージができるのですが、それでLive CDを作って他のパソコンにインストールを試みたのですが、カーネルがパニックを起こし、うまくいきませんでした。
そこで、小林さんのご指導に従い、binary/casper/ディレクトリのinitrd.img-*-lowlatencyをinitrd.lzに代えてisoイメージを作成してみたら、うまく行った次第です。

今回の件はいろいろ勉強になりました。
引き続き宜しくお願い申し上げます。

オフライン

 

Board footer

Powered by FluxBB